かつて日本は美しかった

誇りある日本、美しい日本へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

タイも近代化により独立を保った

巧みな外交だけはなかった。


S



 タイは白人の植民地時代に東南アジアで唯一独立を保った国です。


 侵略されたアジア諸国
1819 シンガポール(イギリス)
1826~86 ビルマ(イギリス)
1862~84 ベトナム(フランス)
1863 カンボジア(フランス)
1898 フィリピン(アメリカ)
1909 マレー(イギリス)


 タイは西にビルマが隣接しており、東はラオス、カンボジア、ベトナムがあります。ビルマがイギリスの支配下にはいるとイギリスはタイの王室独占貿易を解体せよと迫ります。1826年にバーネイ条約を結ぶことになります。そして今度は治外法権の了承やすべての港での交易権、バンコクでの居住権、船幅税の廃止、3%関税の導入など不平等条約を結ばされることになります。1855年のバウリング条約といいます。日本が欧米諸国と結んだ不平等条約とほぼ同時期であり、タイも同様の圧迫をうけたわけです。条約を結んでおいて後で一気に攻め込むのは白人の侵略の常套手段です。このときに王室の収入不足をコメの輸出による税収でまかなうことが行われました。白人のアジア植民地支配は特定の商品作物栽培を奨励したためコメが不足したのです。タイはこの頃から水田の拡大をはじめます。これが現在までタイの代表的な輸出産品となった謂れです。


 タイは西からイギリスによる経済支配を受けますが、東からはフランスの領土圧迫を受けます。1867年にタイ仏条約が結ばれカンボジアの保護権を失います。ラオスでもフランスと衝突し、メコン河でも対立します。1893年パークナーム事件が勃発。フランスの軍艦がバンコクへ向い、チャオプラヤー河口を強行突破し、パークナーム(河口)で交戦し、港を封鎖し、タイを脅します。タイ側はイギリスの支援を期待しましたが、イギリスの反応はなく、フランス側の要求を全面的に受け入れ、賠償金を払い、国土を削り取られてしまいます。


 タイは西からイギリス、東からフランスの緩衝地帯になっていたため、両国が牽制しあい、タイも外交巧みに独立を保ったといわれていますが、チュラロンコーン王(ラーマ五世)がタイの近代化に力を入れたことが大きかったと思われます。王は国家財政改革を行い、議会と枢密院を設置するなど行政改革を行います。チャクリー改革と呼ばれます。中央集権化し、教育制度の近代化も行われます。この点も日本と似ています。日本は北からロシア、南からイギリスが触手を伸ばし両国がぶつかった地域であり、独立を保つために近代化を急ぎました。タイはそのほか外国人登用を始め鉄道の建設を行います。これも日本と似ています。


 このタイの近代化に多くの日本人が寄与しています。なかでも政尾虎吉博士が有名です。明治30年(1897年)に駐タイ公使・稲垣満次郎の招聘でタイに渡り、新法制と法典編纂の事業に取り組みました。司法省には二十数名の欧米人法律顧問がいましたが、政尾博士は顧問団の首席として活躍し、タイの法制整備に尽力し、多くのタイ人から尊敬されました。博士が大正10年(1921年)にバンコクで亡くなられた時は、タイ政府は国葬の礼を持って遇しました。
 また、近代女子教育のために設立されたラーチニー(皇后)女学校では、国王の意向で、イギリス人教師を雇う従来の習慣が変えられ、日本人女性、安井てつが事実上の校長として招かれました。明治37年(1904年)から、3年間、安井は当時の貴族名門の子女約200人ほどを教えました。安井は帰国後は東京女子大学学長、東洋永和(現・東洋英和)の校長を務め、日本とタイ両国の女子教育に大きな足跡を残しました。


 そして近代化につとめたタイは第一次世界大戦参戦を契機に不平等条約を解消することに成功します。王室を中心として国民が団結していたということでしょう。この点でも日本と非常によく似ています。




参考文献
 時事通信社「日・タイ四百年史」西野順治郎(著)
 中公新書「物語 タイの歴史」柿崎一郎(著)
 転展社「アジアに生きる大東亜戦争」ASEANセンター(編)
参考サイト
 地球史探訪:日泰友好小史(上) http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h10_2/jog063.html


添付画像
 ラーマ5世(PD)


人気ブログランキングへ 応援お願いします。
広島ブログ お手数ですがこちらもよろしくお願いします

PageTop

アユタヤ王朝の親衛隊長になった山田長政

戦後語られなくなった山田長政。


S




 日タイ400年史というのはタイのアユタヤ王朝の親衛隊長となった山田長政の頃からを指すものです。


 15世紀から17世紀にかけて東南アジアは「交易の時代」に突入していました。タイの国はアユタヤ王朝がありましたが、1558年にビルマのタウングー朝によりラーンナー王国(チェンマイ付近)が陥落し、1569年にはアユタヤも陥落し、ビルマの属国となりました。しかし、1584年、ナレースアンが再びアユタヤ王朝の独立を回復します。ちなみにナレースアン王はムエタイの創始者とされており、ムエタイの選手に高く崇められています。


 アユタヤは外国船が多数入港し、ポルトガル人、ベトナム人、支那人、日本人が町を形成していました。日本人が16世紀末から居住を開始したようで、最盛期には1000人~1500人程度の規模でした。商人ばかりでなく、武士の移住も多く、武士の多くは王室や高官の義勇兵、親衛隊として雇われました。約600人の日本人義勇兵が存在したといいます。


 山田長政は沼津藩主の籠をかつぐ人夫でしたが、慶長17年(1612年)頃、朱印船に乗ってアユタヤに向かったものと思われます。商業に従事し、日本向けの蘇木や鹿皮の買い付けを行い、その成功とともに名声を築いていきました。
 1621年に、スペイン・ポルトガル連合軍がマカオ争奪をめぐってオランダ艦隊と戦い、勝利に乗じてスペイン艦隊がメナム河に入り込んで猛威を振るいました。このとき長政はメナム河関所の管理隊長をしていました。そして長政の水上軍と日本人部隊がスペイン艦隊に奇襲をかけて艦を焼き大勝利を得ました。
 そして長政は日本人義勇兵の隊長にもなり、アユタヤ王朝のソンタム王の信頼を勝ち取って、オークヤー・セーナービムックという欽賜名を得るにいたります。オークヤーは5爵位内の2番目の地位です。山田長政の名声はオランダの東インド会社やインド理事会の記録にも言及されているといいますから、大変な人物だったのでしょう。


 山田長政はソンタム王の死後、王位継承争いに巻き込まれます。長政は王位継承の混乱を避けるためソンタム王存命の頃から日本流の長子相続を王に説いていました。王の死後、王の長子と王の弟との間で後継争いが起こりましたが、長子派が勝利します。そしてチェーターティラート王が即位しました。ところが、ソンタム王の叔父の子で元宮内庁長官のオークヤー・カラーホームが、王は国政をとる力がないのを見抜き、若い王を殺害してしまいました。カラーホームは王位簒奪を計画し、山田長政に同意を求めましたが、長政はソンタム王の第二王子が王位を継承すべきで、カラーホームは摂政に就くべきだとして同意しませんでした。


 王位に野心を持つカラーホームはなんとか邪魔者の長政を追い払おうとして、南タイの太守になることを条件に長政のナコン行きを説得しました。しかし、長政はアユタヤを空けると15歳の新国王が危ないことを知っていたので、なかなか承知しませんでしたが、王の命令というのでやむなく1626年10月、300の日本人と4000人の部隊を率いてナコン・シータラマート(六昆)に向かい、瞬く間に反乱軍を鎮圧しました。その間にカラホームは幼帝を殺害し、自らが王についてしまいました。


 長政はカラーホームへの復讐のためにアユタヤへ進撃する準備を始めますが、カラーホームは密使を送り、長政の主治医に長政の毒殺を命じます。主治医は戦闘で傷を負った長政の足に猛毒の薬をぬり長政を殺害しました。1630年8月ことでした。長政42歳。


 長政の死後、その長子、クン・セーナービムックがナコン・シータマラートの国守を継ぎますが、土着の貴族が彼に服さず、さらに日本人同士の仲間割れもあり、オランダ艦隊の介入などを引き起こして、日本人側が敗退し、カンボジア方面へ逃走したといいます。長政の子クン・セーナービムックは消息は定かではありません。


 この後、新王となったカラーホームことプラサート・トーング王は日本人がアユタヤで商業に従事することを許していましたが、長政の仇を撃つため日本人武士団が宮中に攻め入るという噂が流れると、王は恐れて日本人町を急襲して焼き討ちにしました。その後、王は戻ってくる日本人を寛大な態度で迎え、日本人町は復活しましたが、江戸幕府が鎖国をしたため、次第に衰退していきました。




参考文献
 時事通信社「日・タイ四百年史」西野順治郎(著)
 中公新書「物語 タイの歴史」柿崎一郎(著)
 転展社「アジアに生きる大東亜戦争」ASEANセンター(編)
添付画像
 シャムにいる山田長政の軍 日の丸が見える(PD)


人気ブログランキングへ 応援お願いします。
広島ブログ お手数ですがこちらもよろしくお願いします。。

PageTop

日タイ間の古代、サムライが渡った中世

日本とタイの関係は古かった。


Spd




 日本とタイの間の歴史というと「山田長政」を思い浮かべる人がいるでしょう。17世紀前半のアユタヤ王朝の親衛隊長になった人で600名の日本人義勇兵を率いていた実力者です。日タイ400年史というとこのあたりからを指します。


 ずーっと古くは西暦542年、欽明天皇のとき、「百済(くだら 朝鮮半島にあった国)王は扶南の財貨及び土人二人を献上した」と日本書紀に書かれており、扶南はタイ、カンボジア方面に存在した国を指しています。現在のタイ民族は諸説ありますが、6,7世紀ぐらいに漢民族の圧迫を受け、揚子江以南より移動して人たちと言われています。ちょうど時期はこの頃になりますが、まだ現在のタイには到達していませんから、大和朝廷に献上された土人というのは先住民モン・クメール系の民族かもしれません。


 平安時代の初期、皇族の高岳親王(たかおかしんのう)は出家され、861年に唐へいき、インド歴遊のため、広東より船で出発し、羅越国で薨去(こうきょ)されたと伝えられています。羅越国は中部タイにあった国という説があります。
 平安時代、鎌倉時代、日本は唐や宋の国と交易をしていましたが、これらを通じてタイとも交易をしていました。タイは1238年にタイ民族による近代的組織を持ったスコータイ王国が建設され、タイの船は直接日本にも行っていたようです。
 1350年、タイではアユタヤ王国が建設されました。アユタヤとは琉球との交易が見られるほか、室町幕府が支那をはじめ南方諸国との交易を認めていたため、九州の大名や長崎、博多の商人が東南アジアに貿易船を派遣し、米、銅、明ばん(鉱物)、砂金、陶器、支那の布地を積んでいったと言われています。


 室町時代末期から戦国時代になると戦に敗れた失意の武士がアユタヤへ行くようになりました。武士はアユタヤ王室や高官たちの義勇兵または親衛隊に雇われるものが多くいました。アユタヤ王第18代のナレスワン大王のときの1593年に侵入してきたビルマ軍をスパンブリ郊外で迎え撃ち、ビルマ王子を討ち取るというタイでは有名な戦闘に、日本のサムライが500名参加していたと言われています。その後の1596年、ナレスワン大王はチェンマイを攻略しましたが、このとき、日本のサムライが従軍して手柄を立てたと言われています。アユタヤ王朝は冒険的な支那人、欧州人も義勇兵として採用していましたが、日本のサムライは忠実かつ勇敢であったので歓迎され、好遇を受けました。


 江戸時代に入るとタイとの交易のため幕府から朱印状を交付されるものが数を増し慶長9年(1604年)から元和元年(1615年)の間に30件に及んでいます。長崎の木屋弥三右衛門は1606年に渡航して以来、計5回の朱印状の下付を受け、タイの滞在期間は延べ10年間に及び、アユタヤ事情に通じていたので、元和7年(1621年)にタイの使節団が来日したとき、江戸城中に召されて通訳を勤めています。
 この頃、アユタヤでは日本人街が作られ、オークブラ純広という日本人が活躍していました。「オークブラ」というのはアユタヤ王家から授爵された冠位で、上からチャオピヤ、オークヤー、オークブラ、ルアン、クンの五階級あります。純弘の次は津田又右衛門、その次が白井久右衛門が日本人町の首領となり、その後に山田長政の時代となるわけです。長政はオークヤー・セーナーピムックの称号が与えられました。


 日タイ間の公式の修交は慶長11年(1609年)、エーカトッサロート王に鎧、刀剣、馬具を贈ったところから始まり、アユタヤ王からはタイの香木や欧州より入手した火器を贈られています。元和2年(1616年)にはアユタヤ王朝より初めて日本へ公式の使節が送られました。元和7年(1621年)、アユタヤ王朝のソングタム王は日本へクン・ピチットソムバット、クン・プラサートを日本へ派遣しました。


アユタヤ国王より将軍徳川秀忠に宛てられた書簡
「日タイ両国に海があることは両国の連絡を困難ならしめて来たが、今やわれわれの交易船が通い両国の親善関係を一層緊密化した。閣下(将軍)はわれわれを心から愛され親族以上の親しみをもって交わっておられる」


秀忠からの返書
「日タイ両国間の親善関係は誠実を基礎としているから絶対阻害されることはない。両国の間に海があることもなんら大した障害ではない」


 この後、タイではカンボジアのジエタ王がアユタヤへの朝貢をやめたので、アユタヤ朝はこれを攻撃しましたが、プノンペン在住の日本のサムライ部隊がカンボジア王を助けてアユタヤ軍を撃退したため、アユタヤ王朝は江戸幕府にカンボジア在住の日本人にアユタヤとの戦闘に参加しないうよう命令してほしいという要請が出されます。そして秀忠は「日本人は政治に関与すべきでない」という返書を送っています。


 やがてタイでは山田長政が死去し、江戸幕府は鎖国令を出したので、日タイ両国の交流は約250年もの間、途絶えることとなりました。




参考文献
 時事通信社「日・タイ四百年史」西野順治郎(著)
 中公新書「物語 タイの歴史」柿崎一郎(著)
 転展社「アジアに生きる大東亜戦争」ASEANセンター(編)
添付画像
 アユタヤ王宮・サンペット宮殿(PD)


人気ブログランキングへ 応援お願いします。
広島ブログ お手数ですがこちらもよろしくお願いします。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。