かつて日本は美しかった

誇りある日本、美しい日本へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

海上特攻、沖縄へ向かった戦艦大和の使命

大和の使命は何だったのか。


S


 昭和20年(1945年)4月7日、大東亜戦争、菊水作戦において米軍機動部隊の延べ380機以上の航空機による猛攻撃を受け沈没した戦艦大和ですが、なぜこの作戦が行われたか、本当に片道燃料だったのか、諸説あるようです。一億総特攻の魁(さきがけ)として作戦が立てられた、沖縄突入はハナから無理だがムードに押し切られてで作戦が決まったとか、沖縄県民を救えという機運の高まりから発案されたとか色々聞きます。
 
 沖縄県出身のジャーナリストの恵隆之介氏は防衛大学校時代に帝国海軍将校だった教官から
「大和は犬死だったといわれているが、実は崇高な使命を帯びていたのだ。この事実を忘れてはならない。お前にだけは言っておく」と聞かされたそうです。この教官は大和に乗り込むはずだったが、直前になんらかの事情で取りやめになったそうです。
 そして恵氏は昭和58年8月の「中央公論」に掲載された市橋立彦氏の文章を見つけます。市橋氏は塩野義製薬の原料課の係長でありながら「海軍大尉待遇嘱託」として軍でも働いていました。そのとき軍の療品廠長(軍の医療品調達部門)より命令を受けます。
「本日より一週間以内に、歯磨、歯ブラシを各50万人分、美顔クリーム25万人分、メンスバンド(生理用品)15万人分を調達するために、協力してほしい。理由はいえない。直ちにカカレ」
 軍需品ではなく、民生用品であることは明らかです。そして市橋は物不足の時代の中なんとか掻き集めます。

 ・・・そして大和沈没。療品廠長がこう言います。
「市橋君、われわれが共に一週間たたかったあの四品目は、大和に積んだそうだ。沖縄県民のために残念なことをした。市橋君、本当にご苦労だった」

 この話を裏付ける証言や物証が今のところ無いので歴史の観点から確かなこととはいえませんが、作り話か?と考えると、昭和58年当時このような話を作っても意味がなさそうで、作るなら民生品という発想はないでしょう。真実と考えてもいいと思っています。そうするとやはり大和は沖縄にたどり着くことを前提においた作戦だったのか。
 草鹿参謀長が伊藤司令官に作戦の説明をしたときに伊藤司令官が
「援護の飛行機も無く、しかも片道燃料程度で作戦が成功すると思うのか」とつめよったとき、三上参謀が「本作戦は陸軍の総反撃に呼応して敵の上陸地点にのし上げ、陸兵になるところまで考えております」と回答しています。

 大和出撃の4月6日、午後6時、乗組員に正式な作戦伝達が行われます。特攻作戦だということが乗組員に知らされたのです。乗組員の海軍少尉・細田久一さん。

「(命令が伝達されたそのとき)顔色が変わりましたよ。真っ青になりました。私が前にいますから、見えますから、兵隊の顔が。ボクもなったかもしれません。それがね、若干しますとね、真っ赤に変わりました。よし、やったろうと。やるんだと」

 沖縄一中、鉄血勤皇隊の証言にも大和の話が出てきます。
「大和は沖縄本島の海岸線に乗り上げ、艦そのものが友軍の大砲台となるから、形勢は一気に逆転する」
「乗り上げたとたんに発電機が止まり、砲塔には弾一つ込められず、無用の長物となる。乗組員が上陸して戦おうにも舷側が海面上だけで40メートルもあり、どうして降りるのか」

 大和特攻は軍事機密ですが、勤皇隊は陸軍兵ですから、軍関係者からなんらか聞いたのかもしれません。

 軍事機密であるため大和乗組員もごく一部の高級将校しかしらない話なので真相はなかなかわからないかもしれません。戦艦大和を引き揚げる話がありますが、もし、この民生品あるいはこれ以外の民生品が出てくれば沖縄戦の見方も結構変わるかもしれません。




参考文献
 ワック出版 歴史通 2009.7月号別冊「歴史教科書に大和が載った」藤岡信勝
 ハルキ文庫「男たちの大和」辺見じゅん(著)
参考サイト
 WikiPedia「大和 (戦艦)」
 戦艦大和 悲劇の不沈艦 3/5  http://www.youtube.com/watch?v=1awMHFpT_J8
添付画像
 戦艦大和(PD)

人気ブログランキングへ 応援お願いします。
広島ブログ お手数ですがこちらもよろしくお願いします。





大和 帰還セズ ~運命の特攻作戦~
http://www.youtube.com/watch?v=5XEnAoC7ujg



スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。