かつて日本は美しかった

誇りある日本、美しい日本へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

沖縄戦前の疎開状況

疎開については対馬丸しか語られていないでしょう。


Spd


 昭和20年、大東亜戦争の沖縄戦では島民を巻き込む惨事となりました。こういった惨事の話はよく聞きますが、政府、軍部は島民をどう避難させなかったのか?という疑問がでます。硫黄島では住民を避難させています。1000人ぐらいの島民がおり、軍属として徴用された者(約230名)以外は皆疎開しています。
 私が子供の頃、学校で「対馬丸」の事件を聞いた記憶があります。沖縄から九州へ船で子供達が疎開する途中に米潜水艦に撃沈され幼い多くの命を失った事件です。沖縄の子供たちは内地では雪が見れるとはしゃいでいたと記憶しています。(対馬丸の沈没は昭和19年8月22日)

 なんだか全然疎開もできておらず、いたずらに住民が巻き添えになったような印象を持ちますが、これは言論空間が偏っているからと思われます。

 昭和19年(1944年)7月7日サイパン玉砕。政府は緊急閣議を開き、第三二軍(沖縄防衛軍)守備区域(沖縄県・奄美諸島)の住民を島外に疎開させる方針を決定しています。これにより第三二軍は沖縄への輸送船の帰り便を利用して、九州、台湾へ10万人の島民を疎開させ、島内に残った住民は沖縄本島北部に避難させることにしました。司令部は那覇(本島南部)にあり、飛行場などの施設は中央部にあります。そのため北部に避難させることにしたようです。昭和19年12月には南西諸島警備要領として県側と協議会を開き、それを受けて県側は北部の国頭地方への避難計画を作成します。

 疎開はスムーズにいったかというとそうでもないようです。2旅団を乗せた富山丸が鹿児島を出航して、沖縄へ向かう途中に米潜水艦の攻撃を受け6月29日に撃沈されます。続いて8月22日に対馬丸が撃沈されます。対馬丸も軍籍に入っていたので、軍事機密として公表されませんでしたが、どこからか情報が漏れ、疎開学童や家族の安否を気遣う県民が県や市、学校につめかけたといいます。父兄はこうした敵潜水艦攻撃を心配したのと、敵は沖縄に上陸してこないかもしれない、学校が県外に分散し、疎開者と残留者に分かれて不利になる、とう理由で渋りました。学校の職員が総動員して説得にあたり、町内会や部落会を通じて疎開を奨励し、8月ぐらいからは逐次、宮崎・熊本・大分へと疎開していきました。

 対馬丸の事件を引き合いに出して、危険な海域だとわかっていて疎開させた、というような論調も聞きますが、これも一方向の見方であり、時間が経過すればするほど海域の危険度は増しますし、疎開では延べ187隻中、犠牲となったのは対馬丸の事件だけであり、約8万人が疎開でき、学童は約7000人が疎開できました。この事実はあまり語られていないと思います。意図的に隠しているように思います。
 沖縄本島北部には約8万人が疎開できました。米軍上陸後は北部へのルートが遮断されたため、計画に無かった南部に避難させました。しかし、第三十二軍(沖縄防衛軍)が南部に撤退すると知念半島を住民の避難地として指定しました。ここに避難した住民は助かっています。知念半島への避難が徹底できなかったことが住民の被害を大きくした直接原因になっています。



参考文献
 PHP「沖縄戦集団自決の謎と真相」秦郁彦(編)
 光人社「沖縄一中 鉄血勤皇隊」田村洋三(著)
参考サイト
 WikiPedia「硫黄島 (東京都)」「対馬丸」
添付画像
 悪石島の対馬丸慰霊碑 (PD)



人気ブログランキングへ 応援お願いします。
広島ブログ お手数ですがこちらもよろしくお願いします。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。