かつて日本は美しかった

誇りある日本、美しい日本へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

沖縄の言論封鎖社会

沖縄では言論空間が閉ざされている。

S_3


 

 沖縄で生まれ沖縄で育った作家の上原正稔氏は『鉄の暴風』の歴史観を持ち続けていましたが、渡嘉敷島に渡って取材することがあり、沖縄戦当時の事を知る金城武徳さん、大城良平さんから「軍命なんてなかった」と聞き、心底驚いたそうです。


「大城良平さんは自分の奥さんが自決しているんです。赤松大尉を問い詰めた大城さんは、住民を死なせるので機関銃を貸してくれと村の指導者が行ってきたが、赤松大尉が断ったことを知ったそうです。僕の先入観は真っ向から否定され、崩れていきました」

 上原氏はこの取材結果を平成8年(1996年)、琉球新報で報じています。この時何の批判も受けなかったそうです。ところが平成19年(2007年)琉球新報に連載した「パンドラの箱を開ける時」でこの渡嘉敷のことを書こうとしてストップがかかります。そして連載中断となります。

 上原氏が連載中断となった一ヵ月後、星雅彦氏も集団自決軍命説を否定する記事を書いたところ琉球新報に掲載を断られたそうです。星氏の場合は40年前から疑問を持っており、昭和35年(1960年)に沖縄戦の実地調査を行ったとき、『鉄の暴風』の多くの間違いを発見し、「極めつけは集団自決を命じたとされる梅澤隊長が朝鮮人の慰安婦と一緒に死んだと書いてあったこと」と述べています。氏は座間味で梅澤隊長が集団自決命令を下したと証言した宮城初枝さんに会ったとき、様子がおかしく、軍命を疑いはじめ、『鉄の暴風』の取材者である太田良博氏にも会い
「梅澤さんは死んだと書いてあるが、まだ生きている。おかしいぞ」と問い詰めたら「まあ、そんなところもあるねえ」と苦笑いし、口をつぐんだそうです。

 沖縄タイムスと琉球新報は昭和35年(1960年)まで「琉米親善」をうたっています。もちろん米国の報道規制があり、日本離反政策に従っているわけです。しかし、1960年代後半はベトナム戦争で米国が消耗していくと「復帰すれば生活はもっと良くなる」と労働組合や沖教組が中心となり運動し、ニクソンショックにビジネス界も復帰賛同となり、1972年に日本に復帰します。こうしてメデャアに反米論調が根付きます。そして現在に至るまで反日反米を叫ぶと莫大な補助金が沖縄に流れる仕組みが出来上がっています。沖縄メディアはこの仕組みがある限り、反日反米言論を作り上げ、異論を封殺していくでしょう。そしてそれは中共に利用されるのです。



参考文献
 週刊新潮09.7.16「日本ルネッサンス」櫻井よし子
 オークラ出版「拉致と侵略の真実」
参考サイト
 世界日報 「集団自決の軍命はなかった」作家の星雅彦、上原正稔氏が会見 沖縄県庁
  http://www.worldtimes.co.jp/special2/oki_kentei/main.html


添付画像
 沖縄戦時の米軍戦車(PD)


人気ブログランキングへ 応援お願いします。
広島ブログ お手数ですがこちらもよろしくお願いします。





「パンドラの箱掲載拒否訴訟」 記者会見 6-1
http://www.youtube.com/watch?v=PRqiuvt6Mxo



スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。