かつて日本は美しかった

誇りある日本、美しい日本へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「アイシャルリターン」は名言なのか

マッカーサー「アイシャルリターン」。



S



  昭和17年(1942年)3月12日に極東米陸軍司令官のマッカーサーはマニラ湾のコレヒドール要塞から家族と側近を連れて魚雷艇に乗って脱出します。この時「アイシャルリターン(私は戻ってくる)」と言った言葉は有名です。その2年後には戻ってきて比島の日本軍を攻撃していますので不屈の話のようにいわれていますが、それは戦後の宣伝と思われます。10万もの将兵を置いてきぼりにしたのです。また、戻ってきても日本軍を降伏させるに至っていないのです。一応、マッカーサーの名誉のために言っておくと、コレヒドールを脱出したのは大統領命令によるものですが、このとき、フィリピンのケソン大統領も伴っており、フィリピン政府から50万ドルをマッカーサーの個人口座に振り込ませました。

 4月14日のコレヒドール砲撃戦で大方決着がつき、日本軍は5月5日の夜に上陸作戦を実施。6日正午、マッカーサーの後任の司令官に就いていたウェーンライト中将が降伏を申し入れフィリピン戦は終了します。既に米軍はこのとき食料が欠乏し、マラリア、デング熱や赤痢が蔓延している状態でした。(日本軍も同様)

「ダグアウト・タグ、隠れてないで出ておいで・・・大統領に知らせておくれ・・・兵隊たちは飢え死にしそうだよ・・・ジャップは三人・・・おれたちは十万、大将が逃げたから飢え死になのさ」米軍の捕虜が歌った歌です。”タグ”はダグラス・マッカーサーのことです。

 米軍は十万、日本軍は三万です。投降する米兵のあまりの多さに従軍作家の火野葦平さんは驚いています。
「私は捕虜の群をながめているうちに、不思議な怒りのようなものが、胸に湧いてくるのを覚えた。実はこんなに米兵が居るということは、すこし思いがけぬことであった。それだけの米兵がいながら、なぜ戦わないのか。」捕虜の世話をした日本兵も米兵の多さに閉口して、米兵が近寄ってきても「勝手にしろ」と言って相手にするのも疲れたと言っています。

 このコレヒドールをはじめバターン半島で投降した米兵は83,000人といわれ日本側の予想25,000を大きく上回ってしまいました。収容所への移送に必要なトラックが足らず鉄道駅までの60キロを徒歩で移動しました。食料も不足しており、マラリアにかかった傷病兵は途中で倒れて亡くなりました。これがバターン半島死の行進というプロパガンダとして利用されました。もし、これを非難するなら誰を非難すべきかは明らかだと思います。マッカーサーはこの屈辱と自己の責任回避の思いを戦後のマニラ法廷にぶつけました。(本間雅晴中将、河根良賢少将を処刑した)



参考文献:
 朱鳥社「続・日本人が知ってはならない歴史」若狭和朋著
 徳間書店「GHQ焚書図書開封」西尾幹二著
 週刊新潮2009.7.30「変見自在」『マッカーサー道路』高山正之
参考サイト
 Wikipedia「フィリピンの戦い (1941-1942年)」「バターン死の行進」

添付画像
 コレヒドール島で降伏するアメリカ軍(PD)


人気ブログランキングへ 応援お願いします。
広島ブログ お手数ですがこちらもよろしくお願いします。



 

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。