かつて日本は美しかった

誇りある日本、美しい日本へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

朝鮮、悲劇のヒーロー「金玉均」


金玉均こそ評価されなければなりません。


Kim_okgyun



 明治12年(1879年)頃の朝鮮半島は閔氏一族の政権があり、清国の従属して開化を進めていこうとする事大派と独立・近代化を主張する独立党がありました。独立党のモデルは日本の明治維新であり、日本の支援を期待していました。このリーダーが金玉均(キム・オッキュン)です。

 明治15年(1882年)金玉均は日本にきて福澤諭吉の支援を受けています。福沢諭吉の影響を受けたことでしょう。「独立の気力」(学問のススメ第三章)に感銘を受けたかもしれません。金は日本の議会や裁判所、学校、電信施設、練兵場、印刷所、建設会社などなどを見学し、福沢諭吉の邸宅を拠点にさまざまな人物と会い、意見交換をし、日本から多くのものを吸収しようとしていました。明治維新以降、日本は朝鮮を侵食していったかのごとく言う人が多々いますが、それは大ウソで、日本は朝鮮の「独立」を支持していたのです。

 明治17年(1884年)、清仏戦争で清国が敗退したとき、好機とみて金玉均は日本の竹添公使の協力を得てクーデーターを起こし、新政権を樹立します。甲申事変と言われるものです。彼は改革要領を発表し、清国を排除し、真の独立国家建設へ向けて始動します。国王・高宗(こうそう/コジュン)は暗黙のうちに金のクーデター計画を承諾していました。

 ところが、高宗は裏切り清国の出兵に同意し、清国の袁世凱が1,300人の軍勢で王宮を攻撃します。もともとこのクーデターは清国とフランスが交戦中に実施する予定でしたが、清国が敗退してしまい、かえって清国は威信をかけて朝鮮半島を平定しに来たのです。金玉均は運がなかったといえます。日本軍の守備隊はわずか150人。数の上では1/10でも日本兵の練度は高く、激しく反撃し、互角以上に戦っていましたが、日本の竹添公使が弱気で、撤収を決め、仁川港から撤退しました。金玉均と朴泳孝(ぼく えいこう/パク・ヨンヒョ)たち独立党の指導者たちは一緒に日本に亡命。日本公使館は焼き討ちされ、夫人を含む多数の日本人が惨殺されました。

 日本に逃れた金玉均は明治27年(1894年)、同志の裏切りに会い、上海に連れ出され閔氏が差し向けた刺客によって暗殺されます。死体は朝鮮に送られ、六支の刑(頭、手足をバラバラにする極刑)に処せられ、朝鮮各地にさらされました。父は処刑、母は自殺、弟は獄死。妻子は行方不明になり日本は探偵を送ってその捜索を行い、同年12月偶然発見して保護しました。
 金玉均の葬儀は日本の浅草本願寺で盛大に営まれました。日本人が持ち帰った遺髪があったのです。お墓は本郷の真浄寺にあります。青山の外人墓地にも墓があります。墓碑にはこう刻まれています。


 嗚呼、抱非常之才、遇非常之時、無非常之功、有非常之死(以下略)
(ああ 大変な時期に たぐいまれなる才を抱き 大きな功績を残せず 無情の死)

 金玉均は独立の気力を持ち、清国属国政府と戦い、たった3日と言えど新政権を立ち上げています。千年にわたる支那の支配に終止符打った近代朝鮮のヒーローであり、韓国の歴史に燦然と光を放っています。しかし、今の大韓民国という国は”連合国から与えられた独立”であり、金玉均の光はまぶしすぎます。それで光を抹殺してきましたが、近年は韓国だけでなく、北朝鮮でも高く評価されるようになってきているといいます。




参考文献
 朱鳥社「日本人が知ってはならない歴史」若狭和朋(著)
 文春新書「韓国併合への道」呉善花(著)
参考サイト
 WikiPedia「金玉均」

添付写真
 金玉均(1882年長崎での写真 PD)



人気ブログランキングへ 応援お願いします。
広島ブログ お手数ですがこちらもよろしくお願いします。





朝鮮の維新志士 Kim Ok-gyun
http://www.youtube.com/watch?v=OKiawHiNuWA


スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。