かつて日本は美しかった

誇りある日本、美しい日本へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

皇居勤労奉仕団

奉仕の精神を育てる。


Scimg0648


 皇居勤労奉仕団とは皇居や東宮御所・各宮家の邸宅のある赤坂御用地の敷地内の清掃などをボランティアで行うものです。15人以上で60人までの団体(15歳以上70歳以下)を組めば年間を通じて誰でも応募、参加できます。平日の4日間連続で作業します。このとき陛下がご会釈されることがあります。会釈(えしゃく)というのは非公式に会うという意味です。陛下が人に会う行事は「会見」「引見」「拝謁」「会釈」「お茶」「お茶会」に別れています。「会見」は国家の元首級に使われる言葉です。No2級だと「引見」と言います。マスコミはときどきNo2級でも「会見」と言ったりするので注意が必要です。

 昭和20年(1945年)終戦後、空襲で草が生い茂った皇居の草刈をさせてくれと、宮内省(当時)に申し出た国民がおり、これが皇居勤労奉仕の起源です。62名の男女が自主的に上京してきて3日間奉仕しました。このとき昭和天皇は大変喜ばれて勤労奉仕団の前に姿をお見せになりました。これが口コミで全国に広がります。昭和26年(1951年)には4万人に達しました。
 この勤労奉仕をみて宮内府(当時)が昭和23年(1948年)に「一般参賀」を認めました。それまでは位階勲等がない人は皇居には入れなかったのです。元日には7万人、翌2日には14万人が参賀に訪れました。これを昭和天皇が宮内府の屋上からご覧になられたのが現在行われている「一般参賀」の起源になります。

 勤労奉仕団は学校や赤十字といった団体が取りまとめて申し込みしています。平成16年(2004年)の数字を見ると291団体9241人が参加しており、17年~19年も200団体台、6000~7000人で推移しています。
 参加者は期間中、皇居に通える近い場所に自費で宿をとります。交通費も自費です。勤労奉仕作業では、皇居の一般参賀でもはいれないような領域に入って作業ができ、その期間中、天皇皇后両陛下が地方訪問や外国賓客との会見といった行事と重ならなければ「会釈」の機会があって、参加者は間近で両陛下に対面できます。
 「ご会釈」は主に毎週火曜と金曜の午前に皇居内の宮内庁庁舎脇にある蓮池三集所で行われます。参加者が待つ中、御所から車で天皇皇后両陛下が到着すると、まず陛下からねぎらいのお言葉があります。団体の代表者には直接、お言葉をかけられます。「どちらからいらっしゃいました」などとお声をかけられ、その地域に訪問したことがあれば「○○(地域)には○○(施設の名など)がありましたね」といったお話もされます。その地域が自然災害などの被害にあっていたりすると、たとえば「台風で大変だったようですが、作物のほうは大丈夫ですか」といったことも聞かれるといいます。そして最後に奉仕団が「天皇陛下、皇后陛下、万歳」と万歳三唱して終わるようです。

 このほか、回数は少ないものの「賢所勤労奉仕団」というのもあり、宮中三殿で大きな皇室祭儀が行われる際、準備や片付けなどを行う奉仕団があります。これは神社関係の数団体があります。これも天皇皇后両陛下は「ご会釈」をされます。11月23日の新嘗祭での「献穀者」という米や粟(あわ)を献上した農家の方々に対しても「ご会釈」が行われます。公務ご多忙の中でも常に国民を気遣う両陛下の御心を伺い知ることができます。



参考文献
 講談社現代新書「天皇陛下の全仕事」山本雅人(著)
 小学館「天皇論」小林よしのり(著)

参考サイト
 宮内庁 皇居勤労奉仕のご案内 http://www.kunaicho.go.jp/event/kinrohoshi.html

添付画像
 皇居(JJ太郎撮影 PD)


人気ブログランキングへ 応援お願いします。
広島ブログ お手数ですがこちらもよろしくお願いします。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。