かつて日本は美しかった

誇りある日本、美しい日本へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

弓兵団、ビシェンプール、パレルで奮戦 ~ インパール作戦

日本兵士たちの死は無駄死にではなかった。


S_2



  昭和19年(1944年)3月、日本軍はインパール作戦を発動。インド国民軍とともインドのインパールへ進攻しました。5月、日本軍第33師団(弓兵団)はインパール南のビシェンプールを攻撃します。この地を攻略しなければインパールへは到達できません。

「この突撃ならざれば、原隊に見ゆる(まみゆる)ことなかれ」

  突撃大隊は何度か市街に突入しますが、一人も帰ってきません。

  歩兵第二百十四連隊第一大隊長・斉藤満少佐は、5月24日夜、兵380名を率いて、ビシェンプールの北端しから敵陣へ突入。千余名の敵を倒し、360名が戦死。残った20名は28日に敵陣突入し、全員戦死。第九中隊の47名が敵後方に挺身し、敵砲兵陣地を急襲、戦車4両、トラック6両を破壊、敵の宿舎を奇襲します。ビシェンプールのこのような大激戦は70日にわたり展開されます。6月30日の師団の損耗は戦死傷者約7,000、戦病約5,000、計12,000。第33師団の70パーセントにのぼりました。

  第33師団がもっともインパールに近づいたところはレッド・ヒルというところで二百十四連隊はほぼ全滅しています。

  ビシェンプール東南20キロのパレルでは弓兵団の山本支隊が奮戦しました。もはやパレル突破の見込みがなくなっても切り込み隊を編成して殴り込みをかけました。第一陣、井上挺身隊13名は7月1日にクデクノーを出発。敵飛行場のに突入。破甲爆雷、手榴弾による一人一機必殺を念じ見事成功。7月4日に全員無事帰還しました。
  更に第二陣として山田芳枝准尉率いる山田挺身隊9名が出発しました。第一陣の襲撃により敵は警戒を強めているため山中に潜伏したり水中に体を没して敵の隙をうかがいました。敵分哨に遭遇した際は山田准尉が抜刀、兵は銃剣で急襲し、敵に発砲の余地を与えずこれを全滅させました。そして9日の夕方、兵舎、兵器庫、燃料庫を爆破炎上させ、10日に全員無事帰還しました。

  やがて弓兵団は撤退していきましたが、山本支隊の歩兵二百十三連隊の二十数名は撤退の時間を稼ぐため、テグノパールの高地を死守します。追撃してくる敵を引きつけた後、銃身が焼けるほど熱くなるほど撃ちまくり撃退しました。弓兵団の意地を見せつけたのです。

  日本軍兵士たちはインパール手前であるものは無念にも斃れ、あるものは退却していきました。レッドヒルで全滅した二百十四連隊500人の日本兵の霊を弔うために地元ロトパチン村人が慰霊塔を建てました。村人は戦いの中で傷ついた日本兵に食べ物を届けてくれたといいます。私たちのために戦ってくれた、と。

  ロトパチン村の村長
「日本兵は飢餓の中でも勇敢に戦い、この村で壮烈な戦死を遂げていきました。この勇ましい行動はみんなインド独立のためになりました。私たちはいつまでもこの壮烈な記憶を若い世代に伝えて行こうと思っています。そのため、ここに日本兵へのお礼と供養のため、慰霊祈念碑を建てて、独立インドのシンボルとしたのです」

  インパール作戦は惨敗に終わりましたが、インドの地に斃れた日本兵士たちは決して無駄死にではなかったのです。



参考文献
  PHP「インパール作戦」土門周平(著)
  歴史通2009.7『神のごとく振舞った英国人が青ざめた』高山正之
  光人社NF文庫「弓兵団インパール戦記」井坂源嗣(著)
参考サイト
 アジアにおける日本と大東亜戦争インド編
   「日本は本当にアジア諸国に嫌われているのか?」飯嶋七生
   http://www.jiyuushikan.org/tokushu/tokushu_e_5.html


添付写真
  タム付近で英軍の砲火をうける日本軍 第33師団(山本支隊)と思われる(PD)


人気ブログランキングへ 応援お願いします。
広島ブログ お手数ですがこちらもよろしくお願いします。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。