かつて日本は美しかった

誇りある日本、美しい日本へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

韓国の差別的身分制度を廃止した日韓合邦

朝鮮はひどい差別社会であった。


S536pxkoreahistorygoban_game_in_s_2




 明治43年(1910)年の日韓合邦は日本の武力による強制というのは真っ赤なウソで韓国人が望んだものですが、既得権益者はやはり抵抗しました。
 李朝の身分制度は良民といわれる両班(貴族および科挙官僚を輩出する階層)・中人(技術官僚・下級官僚を輩出する階層)・常人(一般の農民)と賤民(奴婢、俳優、医者、巫女、白丁)がありました。両班は労働を蔑視し、国家と民衆を食い物にしていました。

 李朝末期に朝鮮を訪ねたロンドン・デーリーミラーの記者マッケンジーが役人に聞きました。
記者
「なぜ餓えている農民は土地を耕さずに放っておくのか」
役人
「耕せば耕すほど税金を取られるからだ」

 日韓合邦になるとこれらの身分制度は廃止になります。

 両班一族の日記
「おおよそ乙巳の年以降、両班と村役人たちが劫奪(こうだつ・無理に奪うこと)を受け、窮民と平民が時宜を迎えたからか、村の常漢どもが両班を名乗り、昔の呼び名はどこかに消えてしまい、争いをする時には汝や君やと呼ぶ」

 村人たちが両班を軽んじてタメ口を使うようになったということです。両班にとっては日韓合邦は不快この上なかったでしょう。
 制度を変えただけでは差別はなくならないのは当時も同じだったようで、衝平社という「白丁」の団体が身分開放の運動を1920年代に行っています。そして白丁の子弟が学校に通うようになります。すると両班が
「うちの子供を白丁の子供と同じ教室で勉強させるのか!」と怒ります。そしてデモを繰り広げるようになります。しかし、警察機構により鎮圧されました。

 中人も両班から厳しい差別を受けていました。彼らは文字も読み、計算ができる階級ですから、日韓合邦の環境変化に適応し、官界に進出したり商人として成功したり、地主として成功したりしました。子弟は日本に留学させることができました。そしてこの留学組から多くの知識人が輩出されることになります。近代朝鮮文学の父といわれる李光珠(イ・グアンス)は「民族改造論」を発表し、朝鮮文人協会を発足させました。崔南善(チェ・ナムソン)は朝鮮最初の新文化雑誌「少年」を刊行し、文化啓蒙運動を展開しました。経済学では白南雲(ペク・ナムン)が挙げられ、彼は「朝鮮社会経済史」を出版しました。(後に社会主義運動をおこす)

 日韓合邦時代に現在の韓国の近代化の基礎が出来上がるわけですが、それは人的面では李朝時代に虐げられていた身分の人たちの進出によるものです。現在、韓国ではこれらの人の多くを親日(売国奴の意味)として糾弾されていますが、とんでもない話です。韓国民にとって恩人の方々です。




参考文献
 文藝春秋「大韓民国の物語」李 榮薫(著)/ 永島広紀(訳)
 扶桑社「日本の植民地の真実」黄文雄(著)
 株式会社国際企画「日韓2000年の真実」名越ニ荒之助(編著)

添付画像
 碁を打つ政府高官・両班階級 1904年 (PD)



人気ブログランキングへ 応援お願いします。
広島ブログ お手数ですがこちらもよろしくお願いします。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。