かつて日本は美しかった

誇りある日本、美しい日本へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

国民が怒った弱腰外交「ロンドン軍縮会議」

日本国民が怒った「弱腰外交」



S



 昭和5年(1930年)、ロンドン軍縮会議が行われました。前のワシントン軍縮会議に続いて今度は巡洋艦以下の補助艦艇についても制限が設けられ、日本は譲歩させられます。よくここで、「統帥権」が持ち出され、怒った軍部が暴走していったかのように言われますがそうでしょうか。

 アメリカ代表スティムソンは日本を褒めちぎり、こう言っています。

「日本は本国に於いて海軍拡張論者の猛烈な運動あり、海軍当局は国民の支持後援を得ていた。それ故に私は日本代表はロンドン会議に於いて非常に困難なる仕事を成し遂げたと断言する。我々は日本が勇敢にもその敵手(米国のこと)が自国(日本のこと)を凌駕するまでのその手を縛るが如き条約を承認せることに対し、その代表及び政府に最大の敬意を払いつつ、会議から引き上げてきた。我々は故意に潜水艦を日本と同等にした。之は潜水艦の総トン数を縮小すれば、それだけ我国に有利に導くからである。しかして日本は一万六千トンの縮小に同意した」

 この条約は日本を縛っておき、その間にアメリカが太平洋の覇権を握るための条約だったと言っています。日本海軍には条約賛成、反対派がいましたが日本国民の支持を集めていたのは反対派(拡張論)と言っています。そして、交渉した政府は辛かっただろうといっています。つまり国民の支持をよそに日本は「弱腰外交」をやっているということを言っており、スティムソンは同情しているのです。

 こういうことでは軍部よりも日本国民のほうが怒ります。第一次世界大戦、シベリア出兵、ワシントン会議、そしてロンドン会議と米国の横暴に対して弱腰外交を続けてきたのです。この頃、思想家の大川周明氏は以下のように機関紙に投稿して述べています。


「ロンドン会議は、もしそれが単独に海軍協定のためのものであるならば多少の譲歩はこれを忍び難しとせぬ。ただそれ四半世紀にわたる米国東洋政策遂行の歴史を観る時、すでにワシントンにおいて譲り、いままたロンドンにおいて譲るならば、やがていっそう大なる譲歩を強要せらるべきこと、火をみるよりもあきらかである」


「繰り返して述べたる如く、米国の志すところは、いかなる手段を以ってしても太平洋の覇権を握り、絶対的優越せる地歩を東亜に確立するにある。そのため日本の海軍を劣勢ならしめ、無力ならしめ、然るに後にシナ満蒙より日本を駆逐せんとするのである。日本をしても若し適当なる時期において、かの如き野心の遂げらるべくもなきことを米国に反省せしむるにあらずば、米国の我国に対する傍若無人は、年と共に激甚を加え来たり、遂に我国をしてアメリカの属国と成り果てるか、しからずば国運を賭して戦わねばならぬ破目に陥らしむるであろう。ロンドン会議は日本の覚悟を知らしむる絶好の機会なりしに拘らず、ついに之を逸し去った」

 ズバリ言い当てていますね。弱腰外交を続けていくとそのうち属国になるか戦争するかに迫られますよ、と。ロンドン会議で日本は毅然とした態度をとり、野心を持つアメリカを反省させる絶好の機会であったのに逃してしまった、と述べています。そして実際、日本は弱腰外交を続けて行った結果、最後に「ハル・ノート」が来て日本は追い詰められ、属国になるのを拒否し、戦争になったわけです。「ハル・ノート」をのんでいれば、「弱腰継続」であり、さらに譲歩を強要されていたでしょう。結果、同様に戦争になったはずです。

 軍部が「統帥権」を持ち出して暴走して戦争になった、というようなGHQ製偏向歴史観を持っていたのでは何も見えてきません。「弱腰外交」に国民は怒っていたのであり、それを続けていった結果、追い詰められてしまったのです。こうしてまっすぐ歴史を見ると学ぶものがあり、現代に生かせるものがあると気づくはずです。



参考文献
 徳間書店「GHQ焚書図書開封2」西尾幹二(著)
 小学館文庫「日米開戦の真実 大川周明著『米英東亜侵略史』を読み解く」佐藤優(著)
参考サイト
 Wikipedia「ロンドン海軍軍縮会議」「大川周明」
添付画像
 夕霧 (吹雪型駆逐艦)
 ロンドン条約の結果、新造艦艇を条約の制限内に納めるための無理な設計を行い、日米では重心があがったトップヘビー構造の艦が建造され、日本では友鶴事件・第四艦隊事件を引き起こす原因となった。夕霧は第四艦隊事件で昭和10年、艦橋付近で艦体が切断される。


人気ブログランキングへ 応援お願いします。
広島ブログ お手数ですがこちらもよろしくお願いします。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。