かつて日本は美しかった

誇りある日本、美しい日本へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

霧社事件

霧社事件から高砂義勇兵へ。


S_3


 清国統治時代の台湾では中央山脈や東部の広範囲を支配することができませんでした。後に高砂族と称される生蕃(せいばん)が清の侵略に抵抗し、軍隊が来襲しても撃退するほどの戦闘能力を持った集団だったからです。
 明治27年(1894年)から明治28年(1895年)の日清戦争後、台湾は日本領となりました。日本の統治に入ってからも日本軍は3,000メートル級の高山での行動は経験がなく、5回に渡って探検し、準備し、大正3年(1914年)に入って本格的に帰順していない蕃の討伐に向かっています。最後まで抵抗したのがタイヤル族です。

 昭和5年(1930年)10月26日夜半から翌朝にかけ、武装した霧社のタイヤル族1,200名あまりが、各地駐在所を襲い、宿直員を殺害し、銃器、弾薬を強奪。27日朝、暴徒は地元の公学校(小学校)へなだれ込み、ちょうど本島人(台湾人)と内地人の児童による合同運動会が開かれていましたが、修羅場と化してしまいます。児童父兄含む約140人の内地人が惨殺されます。(浴衣を着ていた現地人1名が内地人と見られて殺害されている)この事件は原住民の帰順は完了したと思っていた総督府に衝撃を与えました。

 この事件の首謀者はモーナ・ルダオといいます。事件の数日前、部族のある家で結婚式が行われていました。たまたま通りがかった巡査にも酒を振舞おうと子供が巡査の手を引っ張ったところ、巡査はその手を振りほどき、なおかつステッキで殴打しました。誇り高き部族への侮辱と感じ取ったルダオたちは、日ごろの圧政への義憤を爆発、巡査を袋叩きするとともに、全社(村)に駐在所襲撃を呼びかけたというのが発端と言われています。また、ルダオの妹が日本人巡査の妻となったものの離縁され、自殺したための私怨という説もあり、そのほか、彼らの誇りだった武器を取り上げたことや、彼らのテリトリーを固定化してしまったこと、男たちを屈辱的な労役に駆り出したことなども原因として言われています。総じていうと文明と文明の接触時に起こる摩擦でありましょう。

 総督府はこの事件の鎮圧に軍、警察を動員し、親日派タイヤル族とともに討伐を行います。首謀者モーナ・ルダオは山中で自決、蜂起側は644人の死者を出して事件は収束しました。この事件で台湾総督石塚英蔵、総務長官人見次郎、警務局長石井保、台中州知事水越幸一が引責辞任しています。
 翌昭和6年にタウツア社が蜂起に与した後に投降した霧社タイヤル族生存者を襲撃するという事件がおき、結果216人が死亡しました(第二霧社事件)。そして、タイヤル族は平地の川中島に強制移住され、稲作を営むようになります。

 大東亜戦争に入るとこの霧社のタイヤル族からも志願が出たようです。一説によると霧社事件での山岳戦でタイヤル族がとても強かったため軍部が高砂義勇隊の創設を着想したとも言われています。高砂義勇隊は大東亜戦争中、最も皇軍に忠誠をつくし勇敢に戦いました。



参考文献
 扶桑社「日本の植民地の真実」黄文雄(著)
 オークラ出版「拉致と侵略の真実」
   『霧社事件に秘められた悲劇』若杉大
 中公文庫「高砂族に捧げる」鈴木明(著)
参考サイト
 Wikipedia「霧社事件」「台湾原住民」「タイヤル族」「高砂義勇隊」
添付画像
 事件の舞台となった霧社公学校(PD)


人気ブログランキングへ 応援お願いします。
広島ブログ お手数ですがこちらもよろしくお願いします。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。