かつて日本は美しかった

誇りある日本、美しい日本へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

牡丹社事件

恩讐を越えて。


S_2


 明治4年(1871年)、琉球の宮古島の朝貢船が暴風に流され、遠く台湾東南部に漂着しました。乗組員69人のうち、3人は水死、残りはパイワン族の部落、牡丹社(ぼたんしゃ)に救援を求めましたが、仇敵の漢人と間違えて54人が首を切られて殺されてしまいます。生き残った12人は漢人部落に保護され、翌年6月、福建省を経由して那覇に帰還しました。牡丹社事件と呼ばれています。(「宮古島民台湾遭難(遭害)事件」「琉球漂流民殺害事件」ともいう)

 明治政府では台湾征伐論と非戦論が出ましたが、明治天皇は副島種臣に全権を委ね、柳原前光を副使とし、清国との交渉へ向かわせます。このとき、清国側から同治帝への国書奉呈の謁見の際に、「跪拝の礼」(ひざまずいて礼する)を要求されましたが、日本は清国の属国ではないとして拒否し、「三揖」(立礼三回)を行いました。対等な立場での謁見です。
 日本の使節に対して清国政府は
「台湾東南部の正番は、化外の地(統治の及ばない場所)の民であるため、その所業の責任を負う事はできない」と回答してきました。そこで柳原公使は「彼らの凶悪を懲罰し、文明の征伐を図ることは、開化政府の当然の義務である」との捨て台詞を残して引き揚げました。実際にこの頃、清国は台湾に対しては福建省に属していましたが、消極的支配で東部には実効支配が及んでいませんでした。
 
 明治7年(1874年)4月、近代日本初の海外派兵が行われます。軍艦五隻、舟艇十三隻、兵員3,600名を率いていて台湾へ発進。一月足らずで事件発生地域を制圧します。しかし日本軍の死者は538人も発生。このうち、戦死者はわずか12人、ほとんどがマラリアなどの風土病で死亡しました。2,800人がマラリアを患ったといいます。日本軍は被害にあった日本人の遺骨を集め、現地人で救助にあたった人たちの協力を得て現地に墓を造りました。

 その後、イギリス公使ウェードのとりなしで清国との間に和議がもたれ、清国は「化外の地」発言を翻し、台湾の領有を主張、日本軍の即時撤退を要求してきました。交渉の末、日本は台湾全土の清国領有を容認し、代わりに清は日本の台湾出兵を「住民を守るための義戦」と認め、賠償金50万両を支払うことになり、琉球が日本に帰属することを確認しました。

 日本と台湾の間にはこのような歴史がありますが、平成17年(2005年)6月、台湾原住民パイワン族の使節18人が沖縄県那覇と宮古島を表敬訪問しています。一行はいずれも牡丹社事件の当事者の子孫で、事件の和解と被害者の追悼を目的としていました。このお返しに平成20年(2008年)1月、宮古島関係者が訪台し、牡丹郷の古戦場で地元住民らと「愛興和平」の記念儀式を行っています。



参考文献
 扶桑社「日本の植民地の真実」黄文雄(著)
 オークラ出版「拉致と侵略の真実」西村幸祐(編集)
参考サイト
 Wikipedia「台湾出兵」「宮古島島民遭難事件」
添付画像
 台湾出兵時の日本人兵士(PD)


人気ブログランキングへ 応援お願いします。
広島ブログ お手数ですがこちらもよろしくお願いします。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。