かつて日本は美しかった

誇りある日本、美しい日本へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

朝鮮進駐軍の非道横暴

消された歴史「朝鮮進駐軍」


Photo


 昭和20年(1945年)の敗戦後に「朝鮮進駐軍」と称する朝鮮人が治外法権的な特権を有するがごとく振舞ったことがあります。買出し列車を占拠し、座席に座っている日本人は女性年寄りでも構わず蹴散らされ、文句を言うと集団で袋叩きにしていました。鳩山一郎(後の総理大臣、鳩山前首相の祖父)も車中で朝鮮人に襲われ瀕死の重傷を負っています。


「お前等四等国民の日本人が我々二等国民である朝鮮進駐軍に指図するとは生意気な」


 台湾出身の蔡焜燦(さい こんさん)は昭和20年(1945年)12月に台湾へ帰還することになりました。引き揚げ列車に乗ると朝鮮人が威張り散らしていたといいます。蔡焜燦氏は日本の軍服を着ていました。座席の下に置いていた新品の飯盒が朝鮮人に盗まれ、それを奪い返そうとすると「なんだお前、朝鮮人をバカにするな!降りて来い」と、たちまち数人に取り囲まれてしまいます。勝ち目はないので、「すみません、私の記憶違いでした」と謝り、難を逃れるしかありませんでした。佐世保にいくまでの30時間、朝鮮人たちは蔡焜燦氏を含め、日本人乗客をいびり続け、若い女性がトイレに行こうとすると通路を塞ぎ、次の駅で窓から降りるよう指示するなどの横暴を続けていました。同氏は、はらわたが煮えくり返る思いで眺めていたといいます。


 朝鮮人の横暴はエスカレートし、闇市に進出し、旧軍の倉庫から奪った自動小銃で武装し始めます。こうなってくると警察もお手上げで軍隊は解散しており、阻止できる武力はなく、強盗、放火、土地の不法占拠、強姦とやりたい放題です。GHQはある程度黙認しています。民族間を争わせてその上に君臨するという白人のデバイドアンドルール手法です。


 昭和21年10月に組織された在日朝鮮人連盟は極左暴力組織へと変貌していきます。そして日本共産党の指導により労働争議への介入、交番焼き討ちなどのテロ行為を行っていきます。昭和23年にはGHQの指示により文部省が在日朝鮮人にも教育基本法に基づく教育を指導したところ民族弾圧として大阪府庁、兵庫県庁に突入し、破壊行為を行い、翌年、暴力主義団体の指定をうけて解散となります。しかし、この残党は日本共産党に利用され、朝鮮戦争勃発後、昭和27年にに皇居前にデモ隊を突入させます。(約半数が朝鮮人) 朝鮮半島への軍事輸送拠点をデモ隊が襲う事件もおこっています。朝鮮戦争勃発により国内の米軍を補完する目的で誕生した昭和25年の警察予備隊(昭和27年保安隊、後自衛隊)はこれらの共産党、および朝鮮人の動きとは無関係ではないでしょう。そして、これらの朝鮮人組織は現在、民団(在日本大韓民国民団)と総連(在日本朝鮮人総聯合会)に至っています。


 陸だけでなく海でも日本の漁船は韓国の警備艦艇によって拿捕され抑留されています。233隻2,791人に及びます。抑留生活は奴隷的扱いであり長い人で3年に及びました。


 現在ではこれらの事実は封印され、朝鮮人とそれを利用する者たちにより、「従軍慰安婦」「強制連行」が捏造され、被害者ビジネス、差別ビジネスが展開され、これらの利権に政治家が巣食っています。





参考文献
 オークラ出版「拉致と侵略の真実」
  『朝鮮進駐軍と三国人』詠清作
  『ヤミ市を支配した朝鮮ヤクザ』野村旗守
 小学館文庫「台湾人と日本精神」蔡焜燦(著)
参考サイト
 Wikipedia「警察予備隊」「阪神教育事件」
添付画像
 朝鮮人連盟本部を包囲した武装警官(PD)


人気ブログランキングへ 応援お願いします。
広島ブログ お手数ですがこちらもよろしくお願いします。


在日タブー『朝鮮進駐軍』 「Taboo of Koreans resident in Japan」
http://www.youtube.com/watch?v=6qR1k05L6VU



スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。