かつて日本は美しかった

誇りある日本、美しい日本へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

昭和天皇の独自外交

昭和天皇は独自外交を展開していた。


S


 昭和20年(1945年)、大東亜戦争敗戦後の連合国占領下、昭和天皇はマッカーサーと11回も会見を行っています。特に昭和天皇は日本の安全保障問題に懸念を持っており、第3回会談では憲法九条に対して「世界の国際情勢を注視しますと、この理想より未だに遠い様であります」と述べられています。マッカーサーは「戦争をなくするためには、戦争を放棄する以外には方法はありませぬ」と説得しています。憲法九条の「軍隊を持たない」というのは日本弱体化だけでなくGHQに潜む共産主義者が革命を起こしやすくするために考えたことなのですが、マッカーサーはそれらに素直に従っていたということです。


 昭和22年(1947年)、日本社会党の片山内閣が発足。芦田外相は非武装で国連に安全保障を依存するという方針は非現実的と判断していましたので、講和成立後も米軍が日本の安全保障を確保し、代わりに日本が基地を提供するという特別協定の提案をまとめています。実は日米安保の原型は日本社会党が作っていたのです。しかし、この提案はアメリカ本国には届きませんでした。GHQ内で握りつぶしたようです。


 この頃、冷戦構造が芽生え始めると沖縄の軍事的価値が浮上し、米国では沖縄を米国に併合するべきという論と併合できないので信託統治にすべきという論がでてきます。このとき昭和天皇の「沖縄メッセージ」があります。沖縄は主権を日本に残したまま「長期租借方式」に基づいて行われるべき、というものです。よく反皇室派がこの沖縄メッセージだけつまんで沖縄を切り捨てたとか、基地がどうこう言いますが、赤化懸念や米国の論争といった背景があるのです。
 さらに大陸では共産党が国民党に勝利し、朝鮮半島に緊張が及ぶようになっていくと米国は反共意思を強くし、大統領特使ダレスを日本に送り込みます。マッカーサーべったりだった吉田茂は日本の非武装化を述べたところ、ダレスは国際間の嵐の激しさを述べ、激怒します。そして朝鮮戦争が勃発。ここで昭和天皇からダレス宛てにメッセージが送られます。このメッセージには吉田茂はマッカーサーに媚びていて信任できないので、安全保障問題は彼らをはずして行うべき、というものでした。このメッセージで講和への道筋がついたと言われます。


 このほかにも昭和天皇は日本に長く住んでいたフランス人のヨゼフ・フロジャックというカトリックの神父と接触して昭和23年(1948年)にローマ法王にメッセージを送られています。ローマ法王からも返信メッセージがあったようで、内容は謎ですが、なんらかの外交パイプを持とうとしていたと思われます。また、英国王室にもメッセージを送られています。昭和天皇独自の外交でGHQを牽制しようとしていたのかもしれません。


 昭和28年(1953年)4月、既にサンフランシスコ講和条約の効力が発生した後のことです。昭和天皇は東京裁判の主席検事だったジョセフ・キーナンが帰国するときに歓談していますが、キーナンは「今度の選挙で吉田氏、重光氏らのなかからだれを指名すればよいと思いますか」と質問します。そして昭和天皇はこう答えられます。


「いまは政治のことからまったく離れているので・・・」


 戦後まもなくの、政治混乱期に日本の将来を案じ、独自の外交を展開し、サンフランシスコ講和条約までこぎつけ、“ようやく政治から離れられた”というお気持ちだったのでしょう。



参考文献
  新潮45 2009.9「二重外交展開、占領下も『君主』でありつづけた昭和天皇」河西秀哉
  「歴史通」WiLL2009.10『野坂参三 共産政権の誕生』田中英道
  幻冬舎「昭和天皇論」小林よしのり(著)
  新潮文庫「英国機密ファイルの昭和天皇」徳本栄一郎(著)
  講談社学術文庫「昭和天皇語録」黒田勝弘 畑好秀(編)
参考サイト
  WikiPedia「片山内閣」
  沖縄県公文書館 "天皇メッセージ" http://www.archives.pref.okinawa.jp/collection/2008/03/post-21.html


添付画像
  昭和21年の昭和天皇 日本国憲法にサインしたときのもの(PD)


人気ブログランキングへ 応援お願いします。
広島ブログ お手数ですがこちらもよろしくお願いします。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。