かつて日本は美しかった

誇りある日本、美しい日本へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

第一次世界大戦からのアメリカの乱暴狼藉

アメリカの乱暴狼藉に日本国民は怒っていた。


S1918


 大川周明(おおかわ しゅうめい)という人は東京裁判のときに東條英機の頭をはたいたことで知っている人が多いと思います。大川周明は大東亜戦争日米開戦直後の昭和16年(1941年)に「米英東亜侵略史」というラジオ演説を行っています。そしてそれは本になり、ベストセラーとなりました。佐藤優著「日米開戦の真実」に内容が掲載されており、ペリー来航から大東亜戦争日米開戦まで述べており、なかなかの名文です。

 第一次世界大戦のとき、日本がドイツに宣戦布告すると米国は
「日本はシナにおいて領土拡張を求めないと約束せよ」「コウ州湾はシナに返すことを約束せよ」「今後、シナ国内に重大な動乱が発した結果として日本軍がコウ州湾の外へ出て攻撃を拡大する場合には必ずアメリカと相談し、アメリカと共同して行動するように」とムチャクチャな要求をしてきたことがあり、大川周明は次のように述べています。

「誠に無礼極まる申し分でありますから、日頃アメリカに対して妥協的態度に出ることを習慣としている日本政府も、この乱暴なる申分には取り合わなかったのであります。
 そうしているうちに、絶対に中立を維持すると声明し、戦争は我々の自尊心許さぬところだ、We are too proud to fightなどと嘯いて(うそぶいて)おりながら、アメリカは参戦したのであります」


「当初戦争に加わらなかったのは、勝敗の数が逆賭(ぎゃくと)し難かったからでありましたが、戦局が段々と進んで連合国側の勝算がほぼ明らかになりますと、存分に漁夫の利を収めるために、以前の声明などは忘れたかのように大戦に参加したのであります」
 
 「日頃アメリカに対して妥協的態度」と述べていますが、当時の日本も現在と同じように弱腰外交で、アメリカには妥協的態度でした。第一次世界大戦末期の1917年にロシア革命が起こり、日本はシベリアに出兵しますが、このときもアメリカは東支鉄道とシベリア鉄道の管理権を握るという強硬な主張をしたり、日本軍がすぐにシベリアから撤退しないのをガンガン騒いでいます。こうしたアメリカの態度について大川周明は次のように締めくくっています。

「日露戦争以後におけるアメリカの東亜進出政策は、その無遠慮にして無鉄砲なること、近世外交史において断じて類例を見ざる所のものであります。それは藪医者が注射もせずに切開手術を行うような乱暴ぶりであります。而も数々の計画がその都度失敗に終わったにも拘らず、いささかも恥じることなく、些かも怯むことなく、矢継ぎ早に横車を押し来るに至っては、言語道断と申すほかありませぬ。我々はアメリカのかくの如き気性と流儀とをはっきりと呑み込んでおく必要があります」

 アメリカの乱暴狼藉、執拗な嫌がらせがずっと続けられてきていると怒っているのです。これは当時の国民を代表するような感覚だったのだと思います。



参考文献
 徳間書店「GHQ焚書図書開封2」西尾幹二(著)
 小学館文庫「日米開戦の真実 大川周明著『米英東亜侵略史』を読み解く」佐藤優(著)
参考サイト
 Wikipedia「大川周明」

添付画像
 1918年、シベリア出兵。ウラジオストクでパレードを行う各国の干渉軍。(PD)



人気ブログランキングへ 応援お願いします。
広島ブログ お手数ですがこちらもよろしくお願いします。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。