かつて日本は美しかった

誇りある日本、美しい日本へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ロシアに侵略された満州

アムール河の流血。


S_2


 日本は大東亜戦争に敗れて以降、「侵略国家」のレッテルを貼られましたが、これはとんでもないインチキな話で白人国家こそが「侵略国家」でした。代表格はイギリスとロシアです。

 ロシアのアジア侵略のルートの一つにシベリアから満州へ侵略するルートがあり、シベリアでは毛皮を求めて、カムチャッカ及び黒龍江へ到達します。当然、日本も侵略のターゲットで18世紀半ばにはカムチャッカから千島列島に入り、北海道を脅かしました。

 20世紀に入るとロシアは黒龍江を侵略し、村々を襲い虐殺、略奪、焼き尽くします。白人の侵略の仕方はまずは条約など結んで近寄って、侵略の準備を裏で進めて一気に武力行使するとういものです。「アジア侵略秘史」(昭和16年4月)にはすさまじいロシアによる清国人の虐殺が書かれており、GHQによって焚書される以前は「アムール川の流血や」という歌が作られていることから日本国内では常識として知られていたと思われます。

「時、6月18日午前11時、平和なりし六十四村はたちまちの間に阿鼻の巷と化しむこの住民一万数千は、奪掠されつつある財宝、焼かれつつある我が家を捨てて、命からがら江畔にまでのがれたが、勿論、褐色に濁る大河黒龍江は渡るすべもなく、ただ対岸の同胞に向かって、口々に救助の言葉を絶叫するばかりであった」

 明治33年(1900年)の義和団事件時の頃です。これは「アムール河の流血事件」と呼ばれており、たまたま語学留学中だった日本軍人の石光真清が手記に詳しく残しています。

「そのうちにこれを追って背後に迫ったロシア兵は、その老幼と男女を問わず、刀斧を振るって虐殺した。ここに(中略)生きながらの地獄絵図が展開せられ、生き残れる、傷重きものは岸に斃れ、傷浅きものは濁流に呑まれ、傷つかざるものは江水に飛び込んで溺死し、辛うじて濁流を泳ぎきったものはわづかに八十余名に過ぎなかった。又これと同時に同じ江東にある海蘭(ブラゴヴェシチェンスク)の住民六千余名も、ロシア兵の銃剣と斧槍と馬蹄のために鏖殺(おうさつ 皆殺しのこと)されてしまった」

 ロシア軍は義和団事件勃発を満州侵略の願ってもない好機としてとらえ、満州侵略を開始し、清国人を虐殺し、アムール河に投げ込みました。さらに8月にはチチハル、9月には長春、吉林(きつりん)、遼陽(りょうよう)、10月には瀋陽(しんよう)を占領し、各地でロシア軍による凄まじい殺戮が行われました。アムール河では清国人総計約25,000がロシア兵に虐殺されて投げ捨てられ、遺体が筏のように川を下って行ったといいます。

 ロシアは日本侵略も推し進めており、1861年には対馬を占領します。これはイギリスの勧告によって退去しています。南からイギリスが北上し、イギリスとロシアがぶつかったのが満州、朝鮮半島、日本だったわけです。ロシアは満州を侵略し、朝鮮半島を侵略し、日本侵略に向けて突き進みます。イギリスは日本を侵略するより味方につけ、ロシアと戦わせたほうが得策と考え、日英同盟に至りました。清国も朝鮮もロシアと戦う力はなく、明治37年(1904年)日本が国運をかけてロシアと戦うことになり、日露戦争となりました。日本にとっては自衛戦争ですが、イギリス、ロシアにとっては植民地争奪戦であったわけです。



参考文献
 徳間書店「GHQ焚書図書開封2」西尾幹二(著)
 PHP新書「世界史からみた満州帝国」宮脇淳子(著)
参考サイト
 WikiPedia「松前藩」「対馬」「ブラゴヴェシチェンスク」「江東六十四屯」

添付画像
 中国東北部とロシア極東部の国境地図。(PD)
 ブラゴヴェシチェンスク(海蘭泡)の南にある赤い色の地域がアムール河の流血がおきた「江東六十四屯」。



人気ブログランキングへ 応援お願いします。
広島ブログ お手数ですがこちらもよろしくお願いします。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。