かつて日本は美しかった

誇りある日本、美しい日本へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

大東亜戦争を戦った朝鮮人

大東亜戦争を勇敢に戦った朝鮮人がいた。抹殺された歴史!


S


 大東亜戦争当時、朝鮮人は日本国民として大東亜戦争を支持し戦いました。


 朱 耀翰(しゅようかん 後に韓国国会議員)昭和16年(1941年)12月14日の米英打倒大講演会 演題「ルーズベルトよ答えよ」
「正義人道の仮面を被り、摂取と陰謀をほしいままにしている世界の放火魔、世界一の偽善君子、アメリカ合衆国大統領ルーズベルト君。・・・君は口を開けば正義と人道を唱えるが、パリ講和会議の序文に、日本人が人種差別撤廃文案を挿入しようとしたとき、 これに反対し、削除したのはどこの国であり、黒人と東洋人を差別待遇して同じ席にもつかせず、アフリカ大陸で奴隷狩りをあたかも野獣狩りをするが如くしたのはどこの国のものであったか。・・・しかし、君等の悪運は最早尽きた。・・・一億同胞・・・なかんずく朝鮮半島の二千四百万は渾然一体となって大東亜の聖戦の勇士とならんことを誓っている」


 李 光洙(イ・グァンス 日本名、香山光郎 文学者)
「私は天皇陛下の子であるという考えを常に忘れずこの聖戦完遂に邁進する者であるからして、子々孫々の栄華を得るであろう」


 昭和19年頃に東京に留学していた朝鮮人が、京城(ソウル)の朝鮮人街の映画館に入ったところ、ニュース映画で上映される日本軍の戦況に関するニュースに観客が熱狂する様子を見て驚いたといいます。東京の映画館でさえこれほどではなかったそうです。


 昭和13年(1938年)に軍隊が志願兵を募集したところ、定員400人のところ2,946人が応募しました。そしてその後の募集も驚異的な倍率になります。


1939年  12,348名志願   613名合格
1940年  84,403名志願 3,060名合格
1941年 144,743名志願 3,208名合格
1942年 254,273名志願 4,077名合格
1943年 303,394名志願 6,300名合格


 崔貞根(高山昇)中尉は沖縄戦で敵鑑哨戒中、敵艦船群を発見し、敵艦船めがけて突っ込みました。急降下爆撃中に被弾して帰還は望めなかったため咄嗟の判断だったといわれています。以下その感状です。

「身は半島に生まるるも 至誠忠常に国を憂へ 率先して陣頭に立ち 部下のコウ望殊に厚し」


 金尚弼(きん しょうひつ)大尉 昭和20年(1945年)4月3日、沖縄沖で敵艦に体当たり(神風特攻隊)して戦死。生前、父と兄に寄せた言葉。
「僕は日本人になりきって日本のために死のうとしているのではありません。そこをよく解って欲しいのです。お父さんとお兄さん、この二人の意志を継ぐために、日本を勝利に導いて、その暁には我々の武勲を認めさせて独立にもってゆくことなのです。大東亜共栄圏として、ビルマ、インドネシア、朝鮮、みな独立の道があるはずです」


 昭和20年の硫黄島の戦いでも朝鮮人軍属はまともな武器もないのに勇敢に戦ったことが記録されています。爆雷を抱いて敵戦車に突入した人も一人や二人ではなかったといいます。
「元山地区陸戦隊の大多数は半島人にて編成しありたるところ、勇猛果敢昼夜なき白兵を持って敵を撃退。指揮官の下、同地を死守する統制ある戦闘を実施しつつあり、陸海軍賞賛のマト・・・」(大本営宛て電文)


 現在、韓国では日本に協力したものは「民族の反逆者」と言われます。果たしてそうか?韓国人も先人は崇高な使命感を持って大東亜戦争を戦ったのではないでしょうか。あるものは大東亜共栄圏の理想に燃え、あるものは皇国民としての使命感を持ち、あるものは朝鮮独立のために・・・。


 朴鉄柱(韓日文化研究所)昭和42年(1967年)ソウル
「大東亜戦争で日本は敗れたというが、敗けたのはむしろイギリスをはじめとする植民地を持った欧米諸国であった。彼らはこの戦争によって植民地をすべて失ったではないか。戦争に勝ったか敗けたかは、戦争目的を達成したかどうかによって決まる、というのはクラウゼビッツの戦争論である。日本は戦闘に敗れて戦争目的を達成した。日本こそ勝ったのであり、日本の戦争こそ、“聖なる戦争”であった。ある人は敗戦によって日本の国土が破壊されたというが、こんなものはすぐ回復できたではないか。二百数十万の戦死者は確かに帰ってこないが、しかし彼らは英霊として靖国神社や護国神社に永遠に生きて、国民尊崇の対象となるのである」


 大東亜戦争を戦った朝鮮人。彼らの成し得たことは誇るべきものだったのです。



参考文献
 草思社「親日派のための弁明」金完燮(著)
 WAC「渡部昇一の昭和史」(続)渡部昇一著
 小学館SAPIO 2009/9/9「『民族の反逆者』か『祖国の英雄』か、2つの歴史が引き裂く朝鮮人将校の『特攻精神』」裵淵弘
 展転社「世界から見た大東亜戦争」名越二荒之助(編)
 朝日文庫「硫黄島玉砕」多田実(著)
 株式会社国際規格「日韓2000年の真実」名越二荒之助(編著)


添付画像
  朝鮮人志願兵による市街演習(日本人として戦った朝鮮兵より http://nandakorea.sakura.ne.jp/frame.html)


人気ブログランキングへ 応援お願いします。
広島ブログ お手数ですがこちらもよろしくお願いします。

スポンサーサイト

PageTop

ウソの歴史でむしり取られる国民の財産

国会議員が外国のために日本国民の財産をむしりとろうとしている。


Sflickr_japan_april_2008authcluster


 民事裁判では国が一方の当事者である時は、国は政府が対外的に宣明した立場や方針に拘束されます。たとえ訴えが事実ではなくとも裁判では国の代理人(弁護士)は政府の見解と異なる主張をすることはできません。「従軍慰安婦訴訟」や「強制連行訴訟」「勤労挺身隊訴訟」に関して「河野談話」「村山談話」がある限り、何も反論ができません。反論ができなければ「当事者主義」というのにもとづいて原告が正しくなくても言い分が通ります。このたぐいの訴訟のニュースを見ればわかるでしょう。しかし、原告側が敗訴になっているのは「国際法上、個人が直接外国に対して戦争被害の損害賠償を請求することはできない」というのがあるからです。


 国際条約が効力を発揮することもあります。平成11年(1999年)に米のカリフォルニア州で「南京大虐殺」の謝罪と損害賠償を求める決議が行われ、カリフォルニア州地裁も同様の判決を下しました。この頃、アメリカでは日本企業を標的にして100兆円に及ぶ請求訴訟が提起されていました。被告の日本企業は28社、原告は戦時中の元米国兵捕虜、在米国シナ人、韓国人らです。これらは米国連邦高裁はサンフランシスコ講和条約によって賠償問題は解決済みであるとし、州地裁判決を破棄しました。100兆円などとは実に危ないところでした。


 村山談話などは「国会での謝罪決議」を本日は採択しない、とウソを流しておいて、土井たか子議長が会議再開のベルを鳴らし、山崎拓氏が提案し、256名の議員の欠席者を出したまま可決したところから始まっています。そして、村山首相は事前の説明なしに「村山談話」を発表しました。村山富一、土井たか子、山崎拓は歴史的大罪を犯しています。国家反逆罪と言っても過言ではありません。


 「従軍慰安婦」という韓国問題は、作家の吉田清治が昭和18年(1943年)に済州島で「慰安婦狩り」があったといい、ウソがバレると落ち着くはずでしたが、当時の官房長官・河野洋平が慰安婦強制連行について強制を示す公文書は見つかっていないし、客観的史料もないにも関わらず、曖昧に強制の事実を認めるような談話を発表しました(河野談話)。これは後に副官房長官だった石原信雄氏が暴露していますが、"強制"を認めれば、慰安婦問題は未来永劫持ち出さないとする韓国との密約外交でした。密約など何も証拠は残らないし、一旦認めれば未来永劫"ゆすりたかり"をするのが韓国のやり方です。宮沢喜一、河野洋平は大馬鹿ものです。歴史的な大罪をおかしています。これも国家反逆罪です。そして現在では韓国の日本大使館前に慰安婦像が設置されたり、アメリカのアイゼンハワー公園に慰安婦の石碑がたてられるという事態にまでなっています。河野洋平は腹を切って国民に謝罪すべきです。


 現在のところ、国際法や国際条約によって日本国民の財産は守られているように見えますが、反論できないことにより事実認定されたとしてデマゴギーがまかり通るようになっています。その結果、政治的に何らかの形で日本国民の財産はむしりとられていっています。非公式ではあるものの補償を口走るようなルーピー総理や歴史の捏造歪曲である「菅談話」を語るコリアン総理が現れたかと思うと、外国人へバラマキ可能な「子供手当て」を創設したり、朝鮮学校の無償化を推し進め、朝鮮王室儀軌(ちょうせんおうしつぎき)を引き渡し、そして日韓通貨スワップの拡充、韓国債の購入案・・・など続々と国民の財産はむしりとられていっています。



参考文献
 朱鳥社「続・日本人が知ってはならない歴史」若狭和朋(著)
 文藝春秋「日本よ、『歴史力』を磨け」櫻井よしこ(編)
 徳間書店「歴史を偽造する韓国」中川八洋(著)
添付画像
 河野洋平 原典Flickr: Japan, April 2008 Auth:Cluster Munition Coalition(CC)


人気ブログランキングへ 応援お願いします。
広島ブログ お手数ですがこちらもよろしくお願いします。

PageTop

日韓合邦による米産拡大

日本が搾取して韓国人が栄養不足になったというのは大嘘。


S_2


 韓国では日韓合邦時代に米が大量に内地(日本)に移出され、朝鮮人の栄養状態が大幅に悪化した、といわれているそうですが、これは真っ赤なウソです。


 朝鮮半島のコメは三年に一作が限界で、品質も極めて粗雑でしたが、日韓合邦後は朝鮮総督府は米穀生産性向上の努力によって、土地改良、品種改良が進み、小作農の制定、低利融資、米穀清算奨励などが実施され、年々増産を重ねました。米の生産高は昭和17年(1942年)には合邦当初の2倍になり、朝鮮人全体のコメ消費は1.5倍に増えています。


 内地でコメが不足したのは事実で、移出されましたが、生産者の買取価格は1石50円で、消費者価格は43円(昭和16年)という具合に逆サヤ制度が実施されていました。昭和18年(1943年)には奨励金も加算すると1石あたり62円の買い取り価格で標準売り出し価格は43円です。とにかく儲かったということです。ですから、満州からの穀物や野菜、果物、缶詰などの補助食品まで考えれば栄養状態が悪くなったなどということはないのです。「当時の朝鮮人が草の根や木の皮を食べて命をつないだ」とか、怪しい学者が一人当たりの米消費量が減っていったという怪しい統計を持ち出したりするのは大嘘ですので騙されてはいけません。


 フランスの人文地理学者ジャーク・ブズー・マサビュオー
「朝鮮は日本の植民地政策と組織的な経済近代改革の影響を受けた後、再び独立の機会を得て、千年以上の間、農民の宿命であった不安定な境遇を改善することができた」


 朝鮮総督府による食糧事情や衛生事情の好転によって朝鮮の人口は急増し、李朝時代は750万人(1753年)でその後100年かかって増加したのはわずか20万。しかし、日韓保護条約後の明治39年(1906年)は980万だったのが、合邦直後の大正元年(1912年)は1400万人に急増しています。昭和元年(1926年)には1866万人、昭和13年(1938年)には2400万人、大東亜戦争最中の昭和17年(1942年)には2552万人に達しています。


 私の祖父は戦中戦前は朝鮮半島に居ましたが、終戦でなんとか内地に戻ったとき、内地に居た者にこういわれています。
「外地で旨い事をしていたのだから、これ位辛い目にあったらよいのだ」


 祖父は激怒しそうになりますが、祖父の記録にはこう書いてあります。


「内地のやつらは、食糧が足らなくて毎年250万トンもの米を朝鮮から送ってもらって食っておきながら生意気なことを抜かすな」


 内地にしてみれば朝鮮では儲かっただろうし、朝鮮半島の財政はいつも赤字で内地から補填しています。コメに関しては朝鮮総督府と内地の間(農家の利害)で対立もあったようで、小憎い思いがあったようです。実際祖父は億万長者になりました(終戦で郵貯が引き出せなくなり超インフレでパーになった)。祖父としては米を送ってやったという思いがあったでしょう。内地も外地も日本であり、朝鮮人だけ冷遇したということはなく、日本のなかの話なのです。



参考文献
 文藝春秋「大韓民国の物語」李榮薫(著) / 永島広紀(訳)
 扶桑社「日本の植民地の真実」黄文雄(著)
 草思社「親日派のための弁明」金完燮(著) / 荒木 和博・荒木 信子 (訳)
 祥伝社黄金文庫「歴史再検証 日韓併合―韓民族を救った「日帝36年」の真実」崔 基鎬(著)


添付画像
 全州神社 国書刊行会「望郷 朝鮮」より(PD)


人気ブログランキングへ 応援お願いします。
広島ブログ お手数ですがこちらもよろしくお願いします。

PageTop

韓国の言論弾圧と日本の言論弾圧

韓国の言論弾圧のすさまじさ。そして日本の言論弾圧。


S


 平成16年(2004年)3月に韓国では「日本強占下の親日反民族行為真相究明に関する特別法案」が国会を通過しました。ソウル大学教授の李榮薫(イ・ヨンフン)氏はテレビ討論会に出席しました。氏はこの法律が多くの間違った事実認識に基づいているのみならず、歴史学が追求すべき正しい方法による過去史の清算ではなく、批判と自由を拘束する違憲的要素があることに懸念を持っていました。
 李教授は60年も経過し、場合によっては100年も過去のことを政治的に清算することの不当さ、既に物故している自らを弁護する能力のない彼ら(親日派)をグルーピングして責任を擦り付けることの不当さ、慰安婦の話の事実誤認を主張しました。


 ところが、李教授に待っていたのは激しい弾圧でした。実際には言ってもいない発言を派手に報道され、イデオロギー団体から糾弾され、国立大学の教授職を辞さなければならない、といわれました。抗議の電話が鳴り止まず、罵詈雑言が書き込まれた電子メールが頻繁に押し寄せ、研究室のドアに卵を投げつけられ、遂に李教授は屈し、ナヌムの家(従軍慰安婦の合宿所)に行かされ「真意が間違って伝わった。軍隊慰安婦は反人類的な犯罪行為だ」と本意でない謝罪をさせられました。ジャーナリストの金完燮(キム・ワンソプ)氏はこの事態について「どんな知識人も歴史問題は良心のままに発言できない」という教訓を与えたとして、「ガリレオの宗教裁判」と同じだと述べています。金完燮氏は屈服することなく良心のまま発言していますが、家族を外国に逃避させています。氏は「屈服しない限り、いつまでも逃亡者でいるしかない」と言っています。


 韓国では「親日」は売国奴の意味です。前出の金完燮氏は『親日派のための弁明』という本を出して韓国の捏造歴史に触れ、青少年有害図書に指定され、逮捕されました。
 拓殖大学国際学部教授の呉善花さんは『「日帝」だけで歴史は語れない』、『攘夷の韓国 開国の日本』(山本七平賞受賞)などを書き、論説の一部において、韓国併合を全否定しないこと、日本の自虐史観の改善等への言及があったことから、親日派とされ、済州島在住の母の葬儀で母国に帰郷しようとしたところ、韓国当局から入国禁止措置が取られました。


 「竹の森遠く」というヨーコ物語は日系米国人作家が終戦時に体験した朝鮮半島北部の羅南からソウル、釜山を経て日本へ帰国する際、また帰国後の、悲惨な状況を描きましたが、韓国では出版後、販売禁止。


 これらは韓国の話で「韓国はひどいなあ」と思うかもしれませんが、日本も五十歩百歩なのです。前述のヨーコ物語は日本では出版されていません。訳了直後に出版翻訳権契約解除の申し入れがあったといいます。記憶の新しいところでは三年前の元航空自衛隊の田母神氏の8月6日の講演があります。広島市長から圧力が入りました。明らかに異論を排除する言論弾圧です。
 沖縄でも小林よしのり氏の講演に協力した人は職場で出世を断念するよう言われたり、プロジェクトに居れなくなり弾圧されました。小林氏と知らずに観光案内をした女性ガイドは小林氏だと気づくと「自分が案内したことを書かないでくれ」と言ってきたといいます。日本もまだまだ言論弾圧はあるのです。




参考文献
 文藝春秋「大韓民国の物語」李榮薫(著) / 永島広紀(訳)
 「正論」2009.10『観念的平和論に安住するヒロシマの閉ざされた言語空間』安藤慶太
 小学館「誇りある沖縄へ」小林よしのり(企画編集)
 オークラ出版「拉致と侵略の真実」『全米で起きたヨーコの物語弾圧の真相』加藤久哉
 草思社「親日派のための弁明」金完燮(著) / 荒木 和博・荒木 信子 (訳)
 扶桑社「親日派のための弁明2」金完燮(著) / 星野知実(訳)
参考サイト
 WikiPedia「金完燮」「呉善花」「竹の森遠く」
 独占インタビュー 「親日派のための弁明」の著者、金完燮(キム・ワンソプ)氏
  http://nishimura.trycomp.net/works/002.html
 msn産経ニュース「呉善花さん 母の葬儀で“帰国”拒否される」


人気ブログランキングへ 応援お願いします。
広島ブログ お手数ですがこちらもよろしくお願いします。

PageTop

疫病の国、韓国を救った日本

日本が韓国人の生命を奪ったというのはウソ。


S2



 韓国では日韓合邦時代に日本が奪ったものの一つに韓国人の「生命」を挙げています。

 1993年の韓国の教科書
「民族抹殺政治」
「1920年代後半・・・韓半島の労働力と資源は徹底的に収奪された。・・・さらに中・日戦争を挑発して(1937年)、大陸侵略を強行するとともに韓半島を大陸侵略の兵站基地にしようとした。太平洋戦争が起きて、総動員令が下されると同時に、わが民族は日帝により過酷に人的、物的収奪を受けた。この時期に、わが民族は日帝によって民族抹殺統治を受けるようになった」

 生命を奪った、民族抹殺政治などとは真っ赤なウソです。生命を奪ったのなら合邦当時の950万人の人口が2500万人になるはずがないし、平均寿命が24歳から48歳まで伸びるはずがありません

 日韓合邦前のソウルは世界一不潔な都市と言われていました。旅行家のイザベラ・バードは1897年にソウルを訪れ
「城内ソウルを描写するのは勘弁していただきたいところである。北京を見るまでわたしはソウルこそこの世で一番不潔な町だと思っていたし・・・ソウルの悪臭こそこの世で一番ひどい匂いだと考えていたのであるから!」と断ってその不衛生さをいくらか描写しています。
 当時の韓国首都ソウルではいたるところに人糞や牛馬糞が満ちており、井戸水はにごっており、風呂に入れば茶色の湯でした(当時、朝鮮では風呂に入る習慣はなく、これは朝鮮へ行った日本人の話)。こういう不衛生な環境では疫病が生命最大の脅威になります。韓国では肺結核、ハンセン病、肺臓ジストマ、赤痢、チフスなど以外にもアヘンやモルヒネ中毒もありました。17世紀から19世紀にかけて年間十万人以上の死者を出す疫病が6回も流行しています。

 また、医療も迷信に基づく医療でした。
「牛糞を塗る」「ヒマワリの種を湯がいてたべる」「患者が桃の種を二つに割り、一方に『日』の字を書いて、もう一方に『月』の字を書いて一気に飲み込む」「小さな蛙を三匹生きたまま丸呑みする(腹痛に即効)」「じっくり沸かしたお湯に40歳の女性の髪の毛を入れて飲む」という方法がとられていました。大韓帝国の最後の皇太子の妃は腹が腫れる病気になり、民間の医師の診察を受け、腹に悪霊が住み付いたと診断され、城門の戸板をはがして煎じて飲まされるという治療が行われています。そしてその後、死亡しています。

 日本は大韓帝国政府樹立以来、京城に京城医専、同付属病院の設立を皮切りに次々と公済病院を設立し、明治42年(1909年)慈恵医院の官制を発布します。日韓合邦後は本格的に近代医学医療制度を導入していきます。
 明治43年(1910年)から防疫、検疫を実施し、疫病の進入防止に取り組みます。この結果、コレラ、天然痘、ペストなどの大流行は大正7年(1917年)~大正9年(1920年)でなくなり、乳児の死亡率が大幅に低下しました。各道から市町村に至るまで医療制度は整備されていき、すべての人が近代医療の恩恵を受けられるようになります。昭和期に入ると大陸から来襲してくる疫病を完全に食い止められるようになりました。
 インド、シナから朝鮮半島にはハンセン病が猛威を振るっていましたが、救ライ事業として世界的な規模の小鹿島更正園を作り、6,000人以上の患者を収容しています。

 朝鮮の人口は保護化の1906年は980万人でしたが、こうした近代医療の確立、環境改善、疫病の撲滅、この他にも農業改革の成功もあり、日韓合邦後の大正期に入った1912年には1400万人に急増しました。昭和期に入る1926年には1866万人、昭和13年(1938年)には2400万人になりました。

 日韓合邦は近代医学による衛生、環境の改善と疫病の撲滅によって、朝鮮民族の生命保全と繁栄に大きく貢献したのが歴史の真実です。



参考文献
 朱鳥社「日本人が知ってはならない歴史」若狭和朋(著)
 扶桑社「日本の植民地の真実」黄文雄(著)
 株式会社国際企画「日韓2000年の真実」名越二荒之助(編著)
 講談社学術文庫「朝鮮紀行」イザベラ・バード(著) / 時岡敬子(訳)
 ワック出版「歴史通」2010.7『韓国は日本がつくった!』黄文雄

添付画像
 1904年のソウル(ロシア施設団をロシア軍が警備していると思われる PD)


人気ブログランキングへ 応援お願いします。
広島ブログ お手数ですがこちらもよろしくお願いします。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。