かつて日本は美しかった

誇りある日本、美しい日本へ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

台湾二・二八の悲劇

台湾大虐殺。


S_allen_timothy_chang_cc



 戦後の台湾は支那人がなだれ込んできて、汚職、不正が横行し、支那人は台湾人にたいして差別、迫害を徹底して行い、政府の役人、官憲は支那人に占められました。台湾人は「犬(日本人)が去って豚(支那人)が来たり」と言いました。犬はうるさいが守ってくれる。豚は働かずたたむさぼるだけという意味です。

 昭和22年(1947年)2月28日。台湾のラジオ放送に突然
「守るも攻める黒金のー、浮かべる城ぞ頼みなるー・・・」軍艦マーチが流れはじめます。楊 素秋(よう そしゅう)著「日本人はとても素敵だった」によると楊さんのお父さんはこれを聞いて「おおっ、珍しい、日本のニュースが入ってくる!早く来い!日本の放送が聞こえる」と喜んで皆を呼んだそうです。すると「バンザーイ、バンザーイ」「台湾人よ立ち上がれ!」と日本語の放送が流れました。

 この二・二八事件のきっかけは2月27日、支那人(外省人)の密輸タバコ取締官が闇タバコを売っていた台湾人(本省人)の老婆から闇タバコを取り上げただけでなく、所持金まで取り上げ、更に老婆を銃で殴って痛めつけたのです。それを見ていた通行人が集まり始め、中にいた元日本海軍軍人だった台湾人が見るに見かねて支那人の取締官を殴り、取締官は発砲しながら逃げ、その銃弾が民衆に当たり殺傷してしまいました。これで民衆の怒りは一気に爆発し、警察当局を包囲します。この事件の噂は一夜にして台湾全島を駆け巡り、台湾人はついに立ち上がることになります。

 翌28日、旧総督府前の広場に詰め掛けた群衆は抗議のシュプレヒコールを上げましたが、これに憲兵隊は機銃掃射を行い、死傷者十数名が出ます。各地で抗議行動が行われ、台湾人はラジオ放送局を占拠。
「元○○飛行隊の者は○○へ終結せよ」「元海南島の○○部隊の出身者は○時に台北市の○○へ速やかに集合せよ」と日本語で召集がかかり、「軍艦マーチ」「君が代行進曲」が流されます。民衆の間では「基隆に日本からの援軍が上陸したらしいぞ!」という噂まで流されたといいます。

 劣勢となった中華民国の長官府は、一時、台湾人に対して対話の姿勢を示します。事件5日目の3月4日には全省2・28事件処理委員会が設けられ、在台湾行政長官兼警備総司令・陳儀と話し合いがもたれました。しかし、陳儀は台湾人の要求を飲むようにみせかけ裏で大陸の国民党政府の蒋介石に「共産党の反乱」として密かに援軍を要請しました。

 蒋介石
「皆殺しだ。100人の無辜(むこ 罪の無いこと)を殺しても一人の共匪を逃すな!」

 蒋介石は台湾に二個師団を向かわせ、報復攻撃を開始します。支那兵はトラックに機関銃を乱射し、町の大通りを駆け抜け、男も女も老いも若きも台湾人と見るや片っ端から射殺し、民家に押し入り略奪、暴行などの悪事の限りを尽くします。そして医師、弁護士、学者、教師などの知識層は無実のまま次々と逮捕され、裁判もなく虫けらのように処刑されていきました。その数、3万とも5万とも言われていますが、実態は解明されていません。これより40年も台湾人は声を失うことになりました。



参考文献
 小学館文庫「台湾人と日本精神(リップンチェンシン)」―日本人よ胸を張りなさい 蔡 焜燦(著)
 桜の花出版「日本人はとても素敵だった」楊 素秋(著)
参考サイト
 WikiPedia「二・二八事件」
添付画像
 二・二八事件紀念碑 Auth: Allen Timothy Chang (CC)


人気ブログランキングへ 応援お願いします。
広島ブログ お手数ですがこちらもよろしくお願いします。

スポンサーサイト

PageTop

台湾にやってきた支那人

犬が去って豚が来たり。



S_pd




 昭和20年(1945年)8月15日、日本敗戦。その後、在日の台湾人は朝鮮人とともにGHQより「三国人」(the third nation)と言われていました。台湾人の場合は台湾は中華民国になるので「戦勝国民」とされ、在日台湾人は台湾へ帰ることになります。ところが台湾に帰った台湾人は恐ろしい光景を目にすることになります。
  蔡 焜燦(さい こんさん)著「台湾人と日本精神(リップンチェンシン)」で蔡さんは日本軍人として内地におり、台湾へ帰ってきましたが、出迎えた音楽隊の後ろにいた敗残兵のような支那兵に驚きます。

「ある者はぼろぼろの綿入り服に唐傘を背負ってわらじを履き、またある者は、天秤棒に竹かごを下げ、その籠の中には鍋釜をのぞかせている。そして全員が胸ポケットに歯ブラシをさして、水筒の紐にもホーロー・カップを引っ掛け、醤油で煮詰めたような汚いタオルを腰にぶら下げていた。彼らは軍隊行進にあるまじき乱れた歩調で、ミシッミシッと軍楽隊に後続してきたのである。その光景は異様としかいいようがなかった」


 蔡さんは頭の中が真っ白になったと述べています。そして一緒に帰還した戦友のうち二人が
「俺はこんな連中と一緒になるのはいやだ」と言って、引き揚げる日本兵に紛れて台湾を去ったそうです。
 台湾でも支那兵のイメージを「キング」「少年クラブ」「幼年クラブ」などの雑誌で知っていたようですが、さすがに目の当たりにすると驚いたようです。台湾で支那から国軍を出迎えに行った人たちは、支那兵を見た途端「うわー」と言ったり、口をあんぐり開けて見ていたそうです。沿道では青天白日旗を振る波は止まり、歓声は静寂に変わりました。

 支那兵は半ば拉致され召集されたものや食えないので兵士になったものがほとんどで、教育も満足に受けておらず、規律も何もあったものではないので、戦場では督戦隊に監視され、退却されると撃たれます。支那兵はいつも脱走のことを考え普段着を隠し持っています。(便衣) 脱走すると匪賊になり民間を襲い強姦、略奪、虐殺します。時には自国の軍営を襲い、食料を奪い、兵士を殺害します。そのような軍隊が台湾にやってきたわけです。

 支那人は水道や電気がある文化的生活をしたことがない者がほとんどで、荒物屋で蛇口を買っていき、家の壁に穴をあけて水がでないとか、電球を買って同じように壁に穴を開けて電気がつかないなど文句を言ったそうです。
 そして台湾の治安はどんどん悪くなり、支那人が威張りだし、警察や役人の地位を占めて不正や賄賂が横行していく世の中に変貌していきました。台湾の人々は日本時代を懐かしみ、台湾版「日本精神(リップンチェンシン)」という言葉が生まれました。同時に支那人への不信、不満が蓄積していき、2・28の悲劇が訪れました。



参考文献
 オークラ出版「拉致と侵略の真実」『朝鮮進駐軍と三国人』詠清作
 小学館文庫「台湾人と日本精神(リップンチェンシン)」―日本人よ胸を張りなさい 蔡 焜燦(著)
 桜の花出版「日本人はとても素敵だった」楊 素秋(著)
 徳間書店「GHQ焚書図書開封3」西尾幹二(著)

添付画像
 台湾を統治する中華民国の総統府。旧台湾総督府の建物を流用。(PD)


人気ブログランキングへ 応援お願いします。
広島ブログ お手数ですがこちらもよろしくお願いします。。

PageTop

長谷川清総督と愛国乙女サヨン

S



 昭和15年(1940年)、長谷川清海軍大将が台湾総督に着任しました。日露戦争のときに戦艦三笠に乗船しており、『三笠艦橋の図』で東郷平八郎海軍大将の背後に描かれた測距儀の上から軍帽だけ見えているのが長谷川清です。顔は見えませんが・・・

 長谷川総督は総督の着任式後の歓迎レセプションで上機嫌になり、給仕の少女を抱き上げて膝の上に座らせ、歓迎に対する謝辞を述べています。現代の言葉で言うとセクハラで、取材班が唖然としたそうです。台湾行政に暗雲が立ち込めたと思った人もいたことでしょう。しかし、この長谷川提督は仁政だったと伝えられており、公務員の給料が内地人と台湾人で差別があったのをまったくの平等にしたり、日本人が通う学校と台湾人が通う学校をひとつにして国民学校と改めています。「内台一如」を実行しており、戦後二十五年たった昭和45年(1970年)、長谷川総督の米寿の宴で台湾から続々とお祝いの人が訪れています。

 長谷川大将が台湾総督に着任する前の昭和13年(1938年)に高砂族のリヨヘン村の駐在を務めていた田北警手のもとに海軍からの応召の通知が届きます。この頃の台湾の警察官は蕃社と呼ばれる村の日本語教師も兼任しており、田北警手は高砂族の人に愛情を持って接したことで尊敬を集め、慕われていました。
 応召の日、台風が吹き荒れており、山道を下山しなければなりませんでしたが、当時17歳だった高砂族のサヨン・ハヨンがわかれを惜しみ、嵐の中でも彼の荷物運搬を申し出ます。多くの志願者から6名が選ばれ、嵐の中を下山します。そして丸木橋をわたろうとした時、鉄砲水がサヨンを襲います。激流に飲み込まれたサヨンは一行に手を振り(サヨウナラの意)流されてしまいました。こうした献身ぶりが後に長谷川総督の耳に入り、総督は「愛国乙女サヨンの鐘」と刻印された真鍮(しんちゅう)の釣鐘をつくり、遭難場所には「愛国乙女サヨン遭難の地」という石碑を建立したのです。

 田北警手は実際は滝田という巡査のことで、同じリヨヘン村に駐在していた山口巡査は総督から「鐘」が贈られると聞いてびっくりしたと述べています。その後、歌手の渡辺はま子が長谷川総督に「サヨンの鐘」をレコード化したいと申し出て、昭和16年に発売されると大ヒットしました。そして映画も作られました。

 戦後は支那からきた国民党により鐘は撤去され、碑も碑銘を削った上で捨てられてしまいました。しかしその後、台湾の民主化とともに鐘は復元され、碑も、新しい碑と並んで再び建てらました。また、サヨンの住んだ村の付近に架けられた橋には「サヨン橋」という名もつけらています。



<沙蓉鐘歌>

嵐吹き巻く峰ふもと

流れ危うき丸木橋

渡るは誰ぞうるわし乙女

紅き唇 ああサヨン



晴れの戦に出でたもう

雄々し師の君懐かしや

担う荷物に歌さえ朗ら

雨は降る降る ああサヨン




参考文献
 小学館文庫「台湾人と日本精神(リップンチェンシン)」―日本人よ胸を張りなさい 蔡 焜燦(著)
 桜の花出版「日本人はとても素敵だった」楊 素秋(著)
 中公文庫「高砂族に捧げる」鈴木明(著)
参考サイト
 WikiPedia「長谷川清」「サヨンの鐘」

添付画像
 映画サヨンの鐘(PD)


人気ブログランキングへ 応援お願いします。
広島ブログ お手数ですがこちらもよろしくお願いします。




《莎韻之鐘》主題曲 - 渡邊濱子
www.youtube.com/watch?v=iO7kpuQYXfE


PageTop

台湾の「君が代少年」

君が代少年の神話。


S1941428

 昭和10年(1935年)4月21日、台湾中北部を大地震が襲い、公学校三年生の男子生徒が倒壊した建物の下敷きになりました。少年は虫の息になりながらも、駆けつけてきた先生を見上げて国家「君が代」を歌い、そして静かに息を引き取りました。この少年は「君が代少年」と呼ばれ学校には少年の銅像が建てられました。

 この話は新聞に載り、戦前の教科書に使用されました。それは主に国語教育の普及を目的としていました。昭和17年(1942年)に内地の教科書に載り、翌年は朝鮮半島、台湾の教科書に採用されました。台湾の「君が代少年」は瀕死の状態でも台湾語を使わず「国語」を使ったからです。

 これは作り話かもしれない、と思っていましたが、作家の村上政彦氏が取材した記録の「君が代少年を探して」によると台湾の苗栗というところの徳坤 ( せん とくこん )君のことで、先生がお見舞いに来たときに「君が代」を歌ったようです。徳坤君は頭を負傷したので、意識が朦朧としており、先生が来たとき朝礼と勘違いして歌ったのではないかという説もあります。

 戦後、こうしたものは皇民化教育といって否定的に捉えがちですが、国家の中で「国語」を普及させるのは当たり前の話ですし、台湾での国語の普及についていえば、台湾には多くの民族があり、民族同士で言葉が通じないので、日本語を共通語にすることでコミュニケーションが取れるようになっています。これは明治維新の時の日本でも同じで、方言同士ではコミュニケーションがとりにくく、「国語」を定めて意思疎通しやすくなっています。さらに台湾では近代化に向かうために必要な日本語の文献が読めるようになり、知的水準が向上しています。

 楊 素秋さん著「日本人はとても素敵だった」によると、君が代少年のことは当時の日本人(台湾人)が「公」というものを強く意識していた証左と述べています。台湾では学校の先生が黒板に「公」という字を大きく書いて「私」という字を小さく書く。これが国民の誉れと教え、国家と国民のあるべき精神と教えていました。おそらく内地でもそう教えていたでしょう。「滅私奉公」の精神であり、これは教育勅語の「一旦緩急あれば義勇公に奉じ」として国民の義務として教えられていました。
 戦時体制下、台湾でも金属などの供出が行われ、家庭でもネクレスやイヤリングといった指輪まで供出しました。楊素秋さんによると「この指輪だけは」という母に対して父が「国が無かったら駄目だが、平和になればいくらでも買えるんだよ」と言って説得したと書かれています。「公」が無ければ「私」が無いということを言っています。

 戦後、教育勅語は廃止になり、「公」を教えなくなり、滅私奉公などばからしいという風潮になってしまいました。残ったのが「私」だけとなれば国民は「求める」だけになります。求めても応じられなければ、親が悪い、世の中が悪い、政治が悪い、になります。求めに応じてもらっても感謝せず当たり前という感覚になります。我々日本人は「戦前全否定」によって大切なものを失ってしまったように思います。



参考文献
 小学館文庫「台湾人と日本精神(リップンチェンシン)」―日本人よ胸をはりなさい 蔡 焜燦(著)
 桜の花出版「日本人はとても素敵だった」楊 素秋(著)
 平凡社新書「『君が代少年』を探して」村上政彦(著)

添付画像
 高雄駅1941年4月28日(PD)


人気ブログランキングへ 応援お願いします。
広島ブログ お手数ですがこちらもよろしくお願いします。

PageTop

すばらしかった日本の教育 ~ 台湾

教師が教育に情熱を傾けていた。


S_2


 台湾は日清戦争後の明治28年(1895年)の下関条約によって日本領土となりました。植民地ではなく、内地延長型として統治されました。したがって、教育についても近代的国民教育の導入が行われました。それまで台湾は「書房」と呼ばれる庶民階級の子弟教育の場がありましたが、内容は明治維新前の寺子屋レベルにとどまり、設備も貧弱なものでした。日本統治になると「公学校令」が公布され最初に55校が作られ、中等教育、高等教育の学校が作られていき、台北帝国大学が設立されました。昭和18年(1943年)には義務教育制度が敷かれています。

 台湾の日本統治時代を知る人の著書にはいずれも日本教育のすばらしさを書いています。これは制度だけでなく、教師の教育にかける情熱、教育の質の高さを称賛しています。
 台湾で行われた科目を拾ってみますと算数、理科、会話、音楽、体育、国語、地理、歴史、薙刀、裁縫。台湾中部の人口2,3万程度の町の清水公学校では昭和10年(1935年)には校内有線放送学習という授業科目が用意され各教室にはスピーカーが備え付けられ、校長室から様々な童謡、詩吟、筑前琵琶、薩摩琵琶、浪速節、ラジオドラマ、神話、日本の歴史などの教育プログラムが放送され、耳で学習することもできるようになっていたというから驚きます。ニュースの聞き取りといのもあり、聞き取り能力や時事の理解力も育成しています。台湾の子供たちの作文を子供たち自らラジオを通じて日本全国に放送したこともあったようです。そして、修身を通して「正直」「勤勉」「責任」「勇気」を教えるという教育があり、これが戦後、「日本精神(リップンチェンシン)」という言葉につながっていったのでしょう。

 教育勅語も称賛されています。現在でも私立学校で教育勅語の精神を取り入れているところもあるそうです。

<日本人はとても素敵だった>楊 素秋著より教育勅語について
「これは本当にすばらしい教えです。人の歩むべき道が全部その中に入っています。まず、国を大切にしなさいと。親に孝行しなさいというのは修身の時間でも昔から教えられていました。親孝行をし、勉学に励んだから、昔の偉人は立派な人になったのだ、と。「教育勅語」を今の子供達の教えたら、曲がった精神の持ち主も、少し真っ直ぐになるのではないかと思います。この中に含まれている奥深い意義は何一つとして悪いことは無いからです。本当によいお手本、これほどのすばらしい教えはありません。私はバイブルより素晴らしいと思っています。
(中略)
 それなのに、もともとは日本から来たこのすばらしい教本を、日本人の皆さんが蔑ろにしているのはおかしな話です。台湾にいる私たちがそういうのは、皮肉な話ですね。
 日本人は、教育勅語の意味を一句一句細かく砕いて伝えるべきです。もっとも、それには日教組が反対するでしょうが、そんな日教組を置く必要があるのか疑ってしまいます。是非、再考していただきたいと思います」


 教育勅語は軍国の象徴のようなことをいう風潮がありますが、実際読むと
「何で?おかしなこと書いている?」と思うでしょう。私は家族崩壊や学級崩壊、少年の非行などは子供の頃から教育勅語をしっかり教えれば激減すると思っています。私の子供の机には教育勅語を貼り出しています。母子喧嘩、兄弟喧嘩があるたび、「教育勅語を読め」と叱っています。



参考文献
 小学館文庫「台湾人と日本精神(リップンチェンシン)」―日本人よ胸を張りなさい 蔡 焜燦(著)
 桜の花出版「日本人はとても素敵だった」楊 素秋(著)
 扶桑社「日本の植民地の真実」黄文雄(著)
添付画像
 蕃童教育所 原住民児童への教育機関(PD)


人気ブログランキングへ 応援お願いします。
広島ブログ お手数ですがこちらもよろしくお願いします。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。